続・妄想的日常

おかえり。 
523 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/16(木) 21:51:40 ID:pAQQKgGH0
私の馴れ初めではないが

兄が最初の奥さんと出会ったのは大学生のころ。
ベタ惚れだった兄の猛アプローチで卒業後しばらくして結婚。
赤ちゃんもできて、兄は本当に幸せの絶頂だったと思う。
でも、信号無視した車にはねられて奥さんもお腹の赤ちゃんも亡くなった。
兄の落ち込みようは凄くて、今にも後を追うんじゃないかと思うくらいだった。
なんとか立ち直るのに10年かかった。
その間に私も社会人になった。
会社の飲み会終わり、兄に迎えに来てもらった私は
同じ方向の同僚も送ってやってほしいと兄に頼んだ。
快諾する兄を見て、同僚は一目惚れしたらしい。
まあ、妹の目から見ても兄はイケメン。
それからはもう、毎日すごいアプローチだった。
私と同僚はさほど親しくなかったが、毎日毎日兄のことを訊いて来た。
押しに押しまくっていたが、兄はまだ前の奥さんと子供を忘れられなくて、断り続けていた。
そっからまた5年ほど経って、ようやく兄の心が同僚に向けられた。
なんでも、同僚が言った
「私は絶対にあなたより先に死にません」
って言葉に胸打たれたんだって。
トントン拍子に二人は結婚した。
でも、また奥さんが事故にあった。
同僚はバイクでトラックとぶつかって、全身強く打っていた。
ぶっちゃけ死んでもおかしくないというか、死ぬ可能性の方が高かったらしい。
でも同僚は助かった。
救急隊員?の人が言うには意識が混濁してたのに、うわごとのようにずっと言ってたらしい。
「まだ死ねない。絶対死ねない」ってずーっと。
もう良く覚えてないけど三、四日くらい経ってようやく同僚は目を覚ました。
ちょっと手に麻痺が残ったけど、それでも助かった。
病室で、兄が泣いた。
兄が声を上げて泣くのを初めて見たような気がする。
それ見て、私もちょっと泣いた。
先日、甥っ子が生まれた。
このままずっと、幸せでいてほしいと思う。


スポンサーサイト
488 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/05/20(日) 19:15:49.74 ID:6cL/Mujf0.net
馴れ初め投下。知り合ったときは俺22歳、嫁20歳。
就職も決まってバイトばっかりしてた俺のバイト先に嫁が一人で飲みに来たのがきっかけ。
第一印象派手で気が強そうだった嫁。
服装も化粧も派手でめっちゃキメてるし、実際気が強くてなんか割り勘をしたり
ファミレスでも連れて行こうものならキレられそうなイメージだった。

俺のアプローチで付き合うことに。
未成年だったのはデートするようになってから知った。付き合う頃には誕生日迎えて成人したけど。
俺も元々見栄はりなところがあって、付き合う前から付き合ってからもデート代は全部だしてた。
お礼は毎回言ってくれてたから気にしたことはなかったけどね。

そして、付き合ってはじめての俺の誕生日、嫁が「その日バイトで遅いから私の家で祝おう」って
言ってきた日、料理できるの知ってかなり驚いた。
正直せいぜいパスタゆでるくらいしかできないと思ってた。ほんとそんな見た目だったんだ。
日本酒にはまってた俺に和食のつまみ7品くらい作ってくれてた。うまかった。惚れた。

付き合って二年たったくらいに、
「私も社会人になったからこれからはちゃんと出す。今までありがとう。
(俺)が負担してくれてた分は貯金してるよ。貧乏学生だったから全額は無理だったけど…。」
と通帳片手に言ってきた。
すごいびっくりした。
いっつも小綺麗にしてるからそっちに金かけてるもんだと思ってた。
付き合いだしてから服装や化粧を俺好みに変えてくれてたし。
あと、嫁は昔からかなりモテてたのもあって男が奢って当たり前だと思ってるタイプだと思ってたから
まじでびっくりした。

この二つのエピソードで俺はもうこいつしかいないと思って結婚した。
知り合って7年。相変わらず普段気が強いけど、未だに軽くキスするだけで顔を赤くして
ニヤニヤする嫁が可愛くて仕方ない。




224 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2018/05/19(土) 16:02:19.83 ID:7ohndXkp.net
職場の上司がネチネチ系の超クソ野郎で
俺が休みの日だろうが夜中だろうがお構いなしに電話掛けてくる(シフト制)

内容は、仕事の事で、粗探しをし、重箱の隅をつつくように長時間説教
もしくは長時間愚痴
3時間くらい愚痴を言い続けた最後
「俺だって言いたかないんだよ!」と電話越しに泣き始めた事もあった
100件そいつから電話受けたとしたら、仕事に関わる重要な事は1~2件

どうせどうしようもない内容の電話なので
休みの日や深夜のそいつからの電話は2回は無視して、3回掛かってきたら出るようにしてたら
「何回電話させんの!?1回目でちゃんと出て!?」とキレられた
「風呂入ってて出れませんでした(適当)」と言ったら
「風呂中でも出れるように、脱衣室に置いとくとかさぁ!」
そして、またクソどうでもいい内容の説教、愚痴
ストレスすぎて、10年くらい落ち着いてたニキビが再発したし、体にも変なブツブツが出てきた
上司の電話被害を受けてる奴は俺の他にも結構いた様子

ある日、上司から俺たちへグループメールが届いた
件名は「皆さんへ大事なお願い」
内容は
・妻が体調を崩した
・体調が悪く寝込んだり、自律神経が保てなくてフラフラしたり、体中にブツブツができたり
・原因は俺が休みの日でも皆さんがお構いなしに電話を掛けてきて、
 それを俺が対応するのが妻のストレスになってた
・なので今後は、俺が休みの日は電話してこないでください
テメェどの口で言うか!?俺だってブツブツできたわw
しかも仮に俺らがコイツに電話するとしたら、どうしても緊急の時だけ
お前みたいなくだらない説教や愚痴と一緒にすんなよw
ストレスって、俺らの電話じゃなくて、お前のネチネチしたヒステリックな喋り方のせいだろ
そいつは自分の特大ブーメランに気づいてないようで、その後も俺らの都合全無視の電話は続いた
仕事はできる人なんだけど、周りや取引先から嫌われすぎて
その後そいつは極力人と関わらない他部署へ飛ばされる事になり俺ら歓喜


741 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2018/05/30(水) 23:53:13.30 ID:nXfs6LXu.net
無口で気難しく融通が利かない舅がたった1週間
犬を飼っただけで人が変わったように明るくて愛想良くなった
元々、私たち夫婦が飼っていたんだけど世話をしている私が体調崩して入院してしまい
預かってもらう事になった
退院して引き取りに行った時に「◯◯ちゃん、おしゃんぽ行きましゅか?」とか
「オヤチュだよおしゅわり!」とか見たこともない笑顔で言ったりして卒倒しそうになった



527 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2018/05/21(月) 06:10:50.63 ID:BOAwhR+Y0.net
具体的に地名出すけど大学のある大阪の蛍池って駅で
40過ぎくらいの太って小汚い恰好した女にいきなり
「〇〇クロニクル(? よく聞き取れず)の方ですよね」って肩掴まれた。

驚いて「えっ?違います」って答えたら、残念そうな顔して去っていった

それから1週間くらいした夜20時頃、知らない番号からの電話に出たら
「クスクスッ!〇〇クロニクルの…クスクス、方ですよねw」って完全にその女の声で電話かかってきて、
「うわあ!」って声出してしまった。

ものすごい恐怖で、次の日大学でツレらにその話したら皆が爆笑し出して、
「あの女やろ!?w こいつがあの後、女に声かけられて、面白がってお前の電話番号教えたでw」って
ネタバレして、皆笑い転げてた

そこまではいたずらでいいとして、それ以降、5つ離れた俺の最寄り駅の
駅前に2日に1回のペースでその女が現在進行形でいます


196 名前: 素敵な旦那様 [sage] 投稿日: 2006/03/16(木) 16:15:12
家に帰ると真っ先に「おかえりー!」って来るうちの猫。
ニャアニャアといって足元にまとわりつく。
さらにその猫の後ろには年下の猫がチョコチョコとついてくる。
寝るまでの間ずっとだ。
嫁がその様子をビデオで撮っていた。
どうやら田舎に送るつもりらしい。

次の日、再生して赤面した。
俺って家に帰ってずっとしゃべってるのな。
嫁はクスクス笑ってるし。
「着替えるくらいでお前らついて来なくていいって」
「もういいよ、トイレにまで来るな」
「お風呂まで来たら濡れるだろ。いい加減覚えろよ。な。
 ちょっとお前らそこは俺が座る椅子だって。明らかにハミ出てでんじゃん」
「君達、洗面台から降りなさい。鏡に写ってるのは君達です。
 威嚇するのは止めなさい。フーじゃない。いいから降りなさい。
 ドライヤーのコードにじゃれない。ニャアじゃない」
「うわ!また体重増えた!ってまたお前らか!降りなさーい!」


290 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2018/05/23(水) 17:18:59.84 ID:CzoZzszn0.net
CIA、アメリカ中央情報局と言えば、ハリウッド映画等で見る、陰謀うごめく恐ろしい所を
想像する人も多いだろう
あるいはエリート工作員達が活躍する格好が良い所を想像する人もいるかもしれない
しかし、もちろんそれらはフィクションの世界の話だ

真のCIAの姿は……
CIA職員は朝起きるとまずトランプ大統領のツイッターをチェックする、
夜中に無茶苦茶なツイートをして騒動が起きている
車の中で悩みながら出勤、皆でフォローの為に対策を60ページほどの報告書にまとめて提出するが
ボルトン補佐官が5ページだけ残して捨て、それを大統領が2ページを読んだところで
「これはフェイクニュースだ!」と怒鳴る



575 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2018/05/29(火) 18:07:37.58 ID:YP2Wr6vL0.net
七回忌もうすぐで思い出した亡くなったじいちゃんに聞いた話。

じいちゃんが子供の頃は暗くなってから道ですれ違う人に「もしもし」と
声をかけあうのが習慣だったんだと。
人外のものは二度続けてもしもしと言えないそうだ。

近所の子供と計6人で神社で遊んだじいちゃんは、暗くなり始めた頃全員で神社を出た。
田んぼの間の道を抜けて集落に向かっていた途中、女が向こうからやってきた。
先頭を歩いていたじいちゃんは「もしもし」と声をかけたが相手は足を止めて黙っている。
何か話そうとしているのかとじいちゃんも他の子供たちも足を止めた。
女がスロー再生のようにゆっくり口を開いた。
暗くて顔は見えなかったが、やけに口の中が真っ黒に見えたそうだ。
「も~し~」
間延びした、地を這うように低い声で女がそう言うのを聞いて、子供達は全速力で逃げ出した。

神社から一番近い子の家に逃げ込んでその子の親に話したが
誰からかわれたんだろうと笑われる。
あれは人間の声じゃなかったと反論してもいなされるばかり。

渋々その子の家を出て、そこでようやく人数が1人足りないことにみんなが気付いた。
逃げ込んだ家の子は2人、残り4人いないといけないのに3人しかいない。
なのに誰がいなくなったのか誰も思い出せない。
いつも6人で遊んでいて、この日も花いちもんめを3人ずつでやっていた。

泣き出す子もいて、もう一度さっき別れた子達の家に行って訴えるも、
大人はみんなここの集落に子供は5人しかいないと笑い、
各々が家に帰って家族に訴えても同じ答えだったという。

いなくなった1人が男だったか女だったかも思い出せない。
でも当時二列に並んで喋りながら登校していたから間違いなく6人いた。
じいちゃんはそう話していた。

孫を怖がらせる為の与太話かもしれんけど。「牛の鳴き声みたいな気味の悪い声だった」
とじいちゃんは真面目な顔で言っていたのが忘れられない。



337 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2018/05/31(木) 16:09:25.53 ID:pR3AjEgB0.net
https://i.imgur.com/mBj49N0.jpg
mBj49N0.jpg



229 公共放送名無しさん sage 2018/05/26(土) 19:43:47.61 hv0ywsRm
吉田松陰とかって、やばいんだろ?
歴史はよく知らないけど

241 公共放送名無しさん sage 2018/05/26(土) 19:44:30.97 MPJLxz8u
>>229
生涯童貞でした、という文言を墓石にわざわざ刻ませるくらいには…