FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のお年寄りすげぇ

2015/03/29(日) 12:00:00
680 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/27(金)08:14:56 ID:JlH [1/3]
最近のお年寄りすげぇ。
俺のじーさまが機種変したらしくメールが来たんだ。
以下本文。
じ「やっとジジもガラケーからiPhoneに変えたぞ!
画面がデカイからアマゾンも見やすいから素晴らしいな!」
俺「まじかwじーちゃん使い方わかる?使い方教えにいこうか?」
じ「いや大丈夫だ。ところでLINEってやつは便利だな!
これでわざわざ老人会の予定を家まで伝えに行かんですむわい!」
俺「いやいやwじーちゃんだけLINEやっててもみんなには伝わんないよw」
じ「老人会のグループを作っとるに決まっとるじゃろ。」

最近の老人会はLINE必須らしいぞw
お年寄り舐めてたわw
ちなみにじーさまはAmazonで買った物のお披露目ブログまでやってたw

681 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/27(金)08:29:04 ID:Hsw
>>680
ちょっと待て
それはホントにお前のじーさんか?

ワシワシ詐欺じゃないか?

682 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/27(金)09:01:09 ID:JlH [2/3]
本物のだばかやろうw
さっきじーちゃんとこに行ったらこんな早くからお隣のじーちゃんとモンストやって盛り上がってたわw
お隣のじーちゃんはiPhoneに変えた時に一緒にiPadも買ったらしいぞw
最近のお年寄りハイテク過ぎわらたw




スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:10

母が亡くなった

2015/03/29(日) 12:00:00
507 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/25(水)12:03:05 ID:WJX [1/3]
母が亡くなった。
あったかどうかも分からない葬儀には当然参列もしなかった。
小さい時に別れてから一度も会っていないので、どんな顔になってるのかも知らない。
知りたくもないけど。
幼少時にあった色んなことを思い出すままに吐き出して、母の事は一切合財忘れたい。
すごく長いです。吐き出しに付き合ってくれる人だけ読んで下さい。
勝手なこと書いてすみません。多少フェイクありなので矛盾があったらすみません。

小学校の1年生の時に両親が離婚して、私は父に引き取られ、2つ年上の兄は母に引き取られた。
両親は元々同じ中高に通っていた同級生同士だったらしく、離婚後それぞれの実家に戻ったので
親が離婚したのに子供は同じ小学校に通って、別々の家に帰るという歪な生活になった。
母の実家は割と裕福で祖父母が揃ってたけど、父の実家は母子家庭だったので祖母だけ。
父は父としての愛情をちゃんと注いでくれる人だったけど、残業や出張が多いから
普段は祖母とふたりっきりの生活。
その祖母はとても厳しい人で、お箸の持ち方が悪かったりすると手をピシッとすぐ叩かれた。
学校からは真っ直ぐ帰れってしつこくて、遊びに行くのはちゃんとランドセルを置いてからって言うし、
子供でも洗濯物を畳んだり、お茶碗を拭いたり、そういうお手伝いをちゃんとやれって言う人だった。
“働かざる者食うべからず”の人。
父が休日になると公園に連れて行ってくれて、祖母がお弁当を作ってくれるのは嬉しかったけど。
でもやっぱり、引き取られるなら母の方が良かったなぁって思ってた。
母の実家は大きな家でお金持ちだったから、お兄ちゃんはいいなぁって思ってた。

ある日、学校の帰りに友達に誘われてつい寄り道をしてしまい、その事で祖母にひどく叱られた。
それで母にすごく会いたくなった。
父の実家と母の実家は、同じ校区の逆方向の端と端って感じだったから3~4キロあったと思う。
それをテクテクテクテク歩いて行った。
やっと母の実家に辿りついて、母に抱きしめて貰う自分を想像しながら玄関に飛び込んだ。
「おかあさん!私子だよ!きたよ!」
そしたら母と母方祖母が出て来て、母の第一声が「何しに来たの」って。
「会いたかったん・・・」って言ったら
「あんたは要らないから置いてきたのに、なに来てんのよ」って言われたんだ。
「あんた見てるとお父さん思い出してイライラするのよ」って。(私は父に激似らしい)
期待とあまりにもかけ離れすぎてて、私爆泣き。

508 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/25(水)12:03:31 ID:WJX [2/3]
母方祖母がおろおろしながら「お父さん呼ぶから待ってなさい」って部屋に入れてくれたけど
母は奥に行って出てこなかった。
交代するように兄が来て、ずっと手を繋いでくれてた。
しばらく泣いてたけど、ふと気が付くと兄が声も出さずに泣いてた。
そんなふうに兄が泣くのは初めてだったからビックリして涙が止まった。
学校じゃ気が付かなかったけど、兄も色々辛かったのかなと思った。
ずいぶん経ってから父が迎えにきたんだけど、その時兄が「僕も一緒に帰りたい」って。
私が「おばあちゃん怖いよ?」って言ったら、それでも一緒に帰りたいって言って、
その後どういう話し合いがあったのか分からないけど、兄も一緒に暮らすようになった。

父の実家に戻ったとき、祖母が私の顔中を撫でまわして泣きながら謝った。
祖母が言うには、嫁の実家に対して変な競争心を持ってたらしい。
孫を立派に育てなきゃならん!みたいな。
と言うのも、元々両親の結婚には母方の親からは大反対されたらしいんだね。
父は母子家庭だったから。
結婚する時も結婚したあとも、母の両親からは小馬鹿にされるような蔑まれるような発言が
幾度となくあったらしく離婚するって聞いた時、絶対この子を立派に育てる!って思うあまり
孫の気持ちを考えてなかったと反省したようだ。
(この辺りの細かい心情は、後に高校生になった頃に聞いた)

祖母も何か吹っ切れたらしく、兄妹も揃って賑やかになって
父は相変わらず忙しかったけど、休みの日には今まで以上にたくさん遊んでくれて
兄も明るくなった。
色々あったけど、平和な生活になった。
それから何十年も経って、私も兄も結婚して子供もいる。不惑の年はとうに過ぎた。
祖母も父も亡くなった。父は結局再婚はしなかった。

一昨年の事。
兄の家に一目で姉妹と分かる女性がふたり訪ねてきた。
自分たちはあなたの妹です、と言ったらしい。
母と再婚相手との間に生まれた私たちにとっての種違いの妹ということ。
そして生活を援助してくれと言うのが用件。
母の再婚相手は、別の女性と姿をくらましたそうだ。
母と娘ふたり、母の両親の財産を食いつぶしながら生活していたけどそれも底を尽きかけてる。
だからふたりで少しずつでもいいから面倒見ろということだ。
あなたたちは私たちと同じ母の子供なんだから、母の面倒を見る義務があると。
とりあえず、二人でそれぞれ月々5万ずつどうにかしてほしいと。

509 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/25(水)12:03:53 ID:WJX [3/3]
兄は、私のところに訪ねて行ったらぶっ殺すぐらいのことを言ったようだ。
妹(私)に対して、母は「要らない子」と言った。
母親に会いたくてひとりで訪ねて来た小さい娘に「要らない」と言った女が母親ヅラして
金を出せと言うならその前に、妹をここに呼ぶから
母も這ってでもここに来て母親として土下座して謝れ、話はそれからじゃないかと言ったそうだ。
後に兄嫁に聞いたら、今まで見たこともない恐ろしい様子だったらしくて
兄にそんな一面があったなんてビックリしたと言っていた。
その兄の剣幕にビックリして震えながら帰ったそうだけど、
その後一度も連絡を取ってくることはなかったが
今年の始めに、その母が他界したと連絡を寄越してきた。
兄が喪主になって葬儀を出せと姉妹の姉の方が言ってきた。
喪主になると言うことは、遺産相続に口を出すことになるがそれでもいいのかと言い返したら
音信不通になった。
最初に訪ねて来た時に、兄は後々の為にと母の資産状況は調べたらしい。
生活には確かに困っていたが、住んでる土地建物は残っていたらしい。
結局葬儀をしたのかどうかも分からないまま。
冷たいようだけど、兄にも私にも母はもう赤の他人だった。
妹と言われても全く実感がない。
もちろん妹に対しては何の恨みもないけど、
頼ってくるようなことはやめてくれと思ってしまう。

少し前に、兄とふたりで父の墓参りをしたあと飲みに行ったんだけど
その時にずっと聞けなかったことを聞いてみた。
母に引き取られていた間、どんな暮らしだったのか。

母と祖父母は一日中喧嘩ばかりしてたそうだ。
母は今で言うネグレクト状態で、祖父母は兄を厄介者という扱いだったらしい。
反対したのに勝手に結婚して勝手に離婚して勝手に孫なんか連れて戻って来てって。
離婚する前は、母方の実家に帰省すれば孫として可愛がってくれてたのに
まるで別人のようだったそうだ。
だからどこにも居場所がなくて、父に引き取られた私が羨ましかったって。
ああ、あの時の兄の涙にはそんな思いがあったのか。
母にとって父ってどういう存在だったんだろう。
親の反対を押し切ってまで結婚したのに、その父との間に生まれた子供を
どうしてそこまで疎むことができたのか。
父は夫としてはダメ人間だったんだろうか。
でも私たちにとっては父は穏やかで頼りがいのある父だった。
だからと言って、母が生きてるうちに聞いておきたかったとも思わない。

自分の子供たちには絶対こんな思いはさせたくないと改めてそう思った。



体験談TB:0CM:6

サンドウィッチ

2015/03/29(日) 12:00:00
367 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/25(水)16:15:40 ID:boY
サンドウィッチはイギリスのサンドウィッチ伯爵が大好きなトランプをしながら食べられる軽食として
考案したと言われている。
実際にはサンドウィッチ伯爵のいた時代にはパンに色々挟んで食うものは普通にあった。
サンドウィッチ伯爵は軍人としても政治家としてもかなり精力的に活動していた人で当時の庶民が
「おい、このパンに具を挟んだものってサンドウィッチ伯爵が考えたらしいぞw」
「へええあの人は働き者だからな。
きっと机で書類の山と格闘しながら食えるように考えたんだろうハハハハ」
とあくまでネタとしてその食べ物をサンドウィッチと言うようになった。
ところが後年サンドウィッチ伯爵がスキャンダルに巻き込まれて色々と醜聞を掻き立てられると
サンドウィッチ伯爵がギャンブルに熱中しすぎて食事の時間も惜しむあまり
サンドウィッチを発明したとジョークの内容が書き換えられていまに至る。



その他TB:0CM:8

数年前母が整形外科関係で入院した際に偶然胃がんが見つかった

2015/03/29(日) 12:00:00
63 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/26(木)03:51:06 ID:iIB [1/2]
数年前母が整形外科関係で入院した際に偶然胃がんが見つかった
幸いどちらの手術も成功したんだけど、退院が決まった矢先に
熱を出して意識が朦朧とした状態になった

私の事も時々は認識するけど看護師さんと勘違いする状態…
トイレに行きたいと言うのでナースコールを押したんだけど
それと同時に…このような状況が初めてだった私は何もできなかった

速攻で来てくれた看護師さんはすぐにベッドの処置や母の着替えをしてくれて
汚れたパジャマや下着を袋に入れて渡してくれた

病院のランドリーで洗濯機にそのまま放り込むわけにはいかないから
下洗いをしてたら涙が止まらなくなった
母は良妻賢母でとにかく器用で私に色々教えてくれた
何があっても私の味方をしてくれて亭主関白で怒鳴り散らす父から守ってくれた
このまま母が私の事を忘れたらどうしよう、万が一死んでしまったらとか
まだ恩返ししてないのに…と思ったのが修羅場

幸い母は熱が下がった後、惚ける事もなく無事退院しました

64 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/26(木)03:52:28 ID:iIB [2/2]
ちなみに亭主関白で気に入らない事があると怒鳴り散らす父は
母の入院中毎日お見舞いに行き、洗濯物や必要な物を差し入れしてました
母が熱を出しておかしくなった日はどうしても抜けられない用事があって
私に絶対様子を見に行ってくれと頼んできてた…何か予感があったのかな?

母の退院後も父は母のために胃に優しい食事を作ったり
母の体温や血圧を時間通りに計って記録したりして正直びっくりしてます
母も最初は病人だからと甘えて食べない、動かない日があったそうですが
父の逆鱗としまった!母さんは病み上がりだ!からの優しくするコンボで
父さんも頑張ってくれてる!ってのを再確認して今では洗濯や食器洗いをしてるらしい

昨日この週末に久々に二人で旅行に行くと電話があった
父も母も楽しそうな元気な声だったのが本当に嬉しい




ほのぼのTB:0CM:6

通ってた個別指導塾に合格報告に行った時の話

2015/03/29(日) 12:00:00
672 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/26(木)23:22:46 ID:Ivl [1/2]
通ってた個別指導塾に合格発表に行った時の話。

とにかく口の悪い先生で間違える度に「死んだほうがいいんじゃねぇの?」「脳味噌あるの?」
とか言うような先生だった。
そんなわけでその先生に教わった科目は全然ダメだったものの他の先生に教わった英語の
偏差値が上がったこともあって記念受験のつもりだった大学に受かることができた。
皮肉でもなんでもなく今までお世話になったので最低限の挨拶に行った時の言葉が衝撃的で
「俺は仮面浪人でも行けなかったのにお前が受かるなんて人生で一番つらい」というもの。
しかも今まで嫌な言葉を投げ掛けてきたのは俺が先生が落ちた高校の生徒だったから
なんていう笑える理由。

本当にお世話になった英語の先生(すごい優しい。聖人君子みたいな人。)がその先生に対して
「あの人可笑しいもん。だから仲間外れにしてるんだけどなかなか辞めないんだよなあ」
と言ったのもなかなか衝撃的ではあった。

673 名前:672[] 投稿日:2015/03/26(木)23:25:21 ID:Ivl [2/2]
合格発表→合格報告

その先生に対して→その先生について



体験談TB:0CM:9

奥多摩でカージャックされたんだが・・

2015/03/29(日) 12:00:00
751 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう :2015/03/24(火) 15:47:22.94 ID:Q90w5Rt30
今日、奥多摩でカージャック(強制ヒッチハイク?)されたんだが・・

買ったばかりの新型ヴェルファイアで奥多摩ドライブしてたら、
いきなり高齢者のハイキング集団が進路に立ち塞がって
「メンバーのひとりが調子悪いので駅まで乗せてほしい」としつこくせがみ出す
面倒だったので「近くにバス停があるし、緊急なら救急車利用すれば?」と言い立ち去ろうとすると
「待っている間に悪くなったらどうするんだ!!!」とかジジイ共が怒鳴り出す始末
仕方なく渋々了承すると何故か6人全員乗って来て
「いや~全員乗れる大きな車がなかなか通らなくて困りましたよ~ヨカッタ ヨカッタ」
HAHAHAとか愉快にくつろいで談笑を始めるし・・
マジでこいつら山頂に放置して帰ろうかと思ったよw



体験談TB:0CM:14

赤ちゃんの笑い声が聞こえてきた

2015/03/29(日) 12:00:00
877(1): 2015/03/27(金) 11:13:59.12 ID:41J3WMfG(1/2) AAS
近所に新しく百均が出来たので色々見ていたら赤ちゃんの笑い声が聞こえてきた
行って見ると太陽電池でフニフニ踊る人形の売り場のケース内に
色んな種類全部で2~30体ぐらいがそれぞれフニフニフニフニ踊っていて
ベビーカーの赤ちゃんはそれを見てバカウケしていた
母親が移動しようとすると当然嫌がって泣き出すのでしばらく見ている事にしたらしい
他を見て回ってまた戻って来るとベビーカーは3台に増えていた
とんでもないトラップだ



体験談TB:0CM:3

先生からメッセージ

2015/03/29(日) 12:00:00
748 名前:名無しの心子知らず [sage] :2015/03/26(木) 16:55:24.83 ID:6UbAx79B
保育園から一年の活動まとめ報告書みたいなのが貰えて、
先生からメッセージの欄があって、みんな
「お絵描きが上手ですね」
「よく先生のお手伝いをしてくれました」
「お散歩のとき大きな声であいさつできます」
とか書いてあるのに、うちの子は、
「お父さんにそっくりですね」
って書いてあった。
確かにマジ激似だけど、それってないと思う。



体験談TB:0CM:8

最近、彼女ができたんだが…正直すごく疲れる… お金使うしなにより気を使う みんなどうやってるんだ

2015/03/29(日) 12:00:00
51 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2015/03/26(木) 03:55:55.15 ID:f5Uml5PR0
彼女に気を使う事なんて当たり前すぎてイージーモードだろう。
ここ9年の間、毎日嫁にちんぽ君を主人公とした寸劇をやらされる。
1日に何回も何回も。
内容がかぶらないように気を使って変化に富んだものにしないといけないから頭を使う。



体験談TB:0CM:5

給食の献立表

2015/03/29(日) 12:00:00
538 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/25(水)18:16:01 ID:2s4
給食の献立表
ん!?
http://i.imgur.com/PQO1vGI.jpg
PQO1vGI.jpg



画像TB:0CM:14
ホーム全記事一覧

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.