FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


天使

2014/12/16(火) 12:00:00
146 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/17(金)20:57:25 ID:KHxfxXg51 [1/2]
旦那には兄がいた。一卵性双生児だったから外見は本当によく似ていたらしい。
私は旦那と旦那兄の一学年下で幼なじみという立場でした。
旦那兄弟が9歳、私が8歳の頃に旦那兄が飲酒運転に巻き込まれて死んだ。
本当に突然だったから旦那一家も仲良くしていた私一家も呆然。

旦那はしばらく旦那兄の死を受け入れられず、今までの温厚な性格が一変、
凄まじい問題児へと進化。
学校の先生や旦那両親を困らせた問題行動というのが、蘇生儀式だった。
あらゆるところから死者を蘇らせる情報を集め、私や旦那友人を集めて実行。
火を使用したりしたから、危うく火事になる事もあって大変だった。
両親が叱ってもどこ吹く風で、絶対に旦那兄を生き返らせるんだと振り払ってた。
もう病的ていうか狂ってるというか・・・今思えばそう感じるんだけど、
当時8歳の私は、きっと旦那の儀式は成功して旦那兄は帰ってくると信じてた。

147 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/17(金)21:15:21 ID:KHxfxXg51 [2/2]
旦那が最後にやらかしたのは
小動物を依代にして死者の魂を呼び戻すというもの。
さすがに生き物の命を使うのは嫌で、他の方法を探そうと説得したんだけど、
旦那は泣きながら、もうこれしか方法は無いんだよ!最後の頼みの綱なんだよ!と訴えてきた。
私は怯んでしまい、旦那に付き従う。

そのときに現れたのが、やけに白い外国人の男性だった。
髪も肌も白くて天使だと思った。
アルビノ人間を想像してもらうとわかりやすいかもしれない。
夕日が外国人の後光みたいになってて、余計に天使とか神っぽさが際立ってた。
その外国人が、何をするつもりだと声をかけてきた。
旦那が儀式の内容を説明。すると外国人が般若のような顔で、
「馬鹿野郎!死んだ人間は生き返らん!この世とあの世の絶対の掟なんだよ!
死者はな、遺族にいつまでも死を受け入れられずにいると、その念に縛られて
いつまでたっても成仏できない。ずっとさ迷い続けて悪霊化するぞ。
あんたは兄思いの良い子だ。兄の為を思うなら死を受け入れ、安らかに眠れるように祈ってやれ。」
と言って去っていった。
旦那はその場でわんわん泣いた。私も泣いた。

それからの旦那は問題行動を起こさなくなった。毎日仏壇の前で線香をあげ、拝むようになった。
旦那が26、私が25のときに結婚しました。旦那と二人で散歩してたら、あの外国人を見かけた。
まったく年をとってないように見えたので驚きつつも彼に声をかけようとしたら、いなくなってた。
さっきまでそこにいたのに。
今でも旦那とよく話にあがるが、あの外国人は本当に天使だったんじゃないかと思ってる。


スポンサーサイト
体験談TB:0CM:14

カストロ

2014/12/16(火) 12:00:00
137 名前:七つの海の名無しさん 投稿日:2009/09/25(金) 02:19:10 ID:ogafgQ3Z
>>133
カストロも面白いよw

「革命だなんだと褒める連中がいるが、あの頃の我々は本当にドジでね、
市街戦のたびに右往左往、私も毎回毎回道に迷って、目標と違うところにばかり突入、
仲間はもっと酷くて、そんなことをやってる内に全員捕まったもんだよ」

「一度は、市街戦の前に、おしゃべりで疲れて寝てるところを捕まった。運良く逃げたけどね」

「僕は元々人殺しなんだよ、大学の時に、つまらないいざこざで、
大学生を一人殺してしまった。相手も僕と同じでゴロツキだったから、仕方がないんだが」

「毛沢東、スターリン、レーニン、こいつらはとんでもない極悪人で地獄に行った。
私も死んだら、同じ場所に行くんだ」

「農場を国有化したら、オフクロ(農園主だった)が飛んできて、
げんこつで殴られたんだよ、あれには参ったよ」


金日成や朝鮮人、韓国人のウソつき話の真逆で、あけすけで面白いんだよね。
弟が後を継いだが、就任演説は、

「兄のフィデルには全ての点で劣るが、演説は短い。この点だけは皆さんに貢献できると思う」
(会場、爆笑)


その他TB:0CM:12

海江田万里

2014/12/16(火) 12:00:00
579 名前:名無しさん@0新周年[sage] 投稿日:2014/12/15(月) 01:59:24.23 ID:P2VaKgcu0
海江田万里

「アベノミクスは失敗です!見てください!私は無職になりました!」


ネタTB:0CM:6

ガラスの家

2014/12/16(火) 12:00:00
49 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[] 投稿日:2014/11/25(火) 19:18:58.55 ID:j1EgTwTy0.net
カザフスタンの森にあるガラスの家
http://www.progettarearchitettura.it/files/2014/07/1tree.jpg
1tree.jpg

http://www.progettarearchitettura.it/files/2014/07/2tree.jpg
2tree.jpg

http://www.progettarearchitettura.it/files/2014/07/3tree.jpeg
3tree.jpeg

http://www.progettarearchitettura.it/files/2014/07/4tree.jpg
4tree.jpg

http://www.progettarearchitettura.it/files/2014/07/5tree.jpeg
5tree.jpeg



画像TB:0CM:12

エスパー

2014/12/16(火) 12:00:00
347 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/11/02(日)15:06:23 ID:BsuKPAhFe
両親と俺と妹の4人でテレビ見ながら食事してたら
急に父が「そういえば・・・ほれ、あれ・・・」と言い、
母が「木曜日の9時」と答え
父が「さんきゅ」と答えて終了した時が衝撃だった。
父は散髪の予約入れたのがいつだっけ?と思い出そうとして、
母がそれに答えたってことだったらしいのだが、
夫婦ってすげえと思った。
その少しあと母と一緒にリビングにいたら
父が入ってきてサイドボードの一番上の引き出しをあけてゴソゴソしてたら
母が「電話台の引き出し!」と言い、
父が電話台の引き出しから爪切りを出して切りだした。
おまいらはエスパーか。


ほのぼのTB:0CM:8

どうでもいいことは本当によく覚えている人

2014/12/16(火) 12:00:00
169 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/19(日)17:55:32 ID:rvV3gGvPb
大切なことは忘れてしまうのにどうでもいいことは本当によく覚えている人っているけど、
俺の部署にその傾向が極端に強い人(A)がいる。
Aは30代の既婚女性で子供が一人いる。
Aは仕事覚えが悪く、メモをしてもそのメモ自体を紛失したり、何度教えても忘れてしまうことも。
しかしAにサボり癖などがあるかというとそういうわけではない。
かなり真面目な方なので周りもあまり強く言えない。

このように大切なことはよく忘れてしまうが、どうでもいいことについては
周りが呆れるほど覚えてるんだわ。
「○○さん、そのネクタイ今年の初め頃もしていましたよね。奥さんに貰ったって言って喜んでましたよね」
と言ったり、
「部長の誕生日、今日だ」と言ったりしている。
そして朝テレビでやっている星座占いの1~12位をいちいち報告してくれたりする。
他にも取引先の人の口癖を覚えていたり、取引先の住所と郵便番号をソラで言えたりした
(でも取引先の人の名前と顔は忘却)。

こうも物忘れと物覚えが悪い方面に抜群だと周りはかなり困ってしまう。
本人も自覚していて「こうなってしまった理由があるんです」と言って
その理由を話してくれたことがあるんだけど、
その内容が想像もしていなかったことなので驚いた。

Aは以前付き合っていた人がいて(現在の夫とは別の人)その人と婚約していたようだ。
しかしその婚約者が浮気をしてしまい、別れることになった。
そのあとAは精神に異常をきたし、元婚約者の事を忘れよう忘れようと努力したそうだ。
そして、どうでもいい人や物事に集中した結果こうなってしまったということだった。

俺は正直「本当か?」と思ってしまったわけだけど、Aの話し方から多分本当のことなんだろうな
と思わざるを得なかったな。
それからAはその話の続きで
「夫の発言・行動・クセ・好き嫌いとか何でもちゃんと記憶しちゃうんですよ。子供のことも」
と言っていた。
Aは、そのことが夫や子供に対してとても失礼であると思っているようだったな。
だからその症状(どうでもいいことは覚えていて、大切なことは忘れやすい症状)については
夫や子供には話していないということだった。

俺や他の何人かの社員は、割と初期のころにAに名前を覚えてもらったわけだけど、
上記の話を聞いたら「あ…そいうことか…」と思ってしまったな。
覚えてもらったのに複雑な心境になるのも変な話だけどさ。

Aは最近は仕事のメモをなるべく失くさないようにして何回も読み返しているようで、
少しはミスは減ってきているわけだけど、本当に本人は大変なんだろうなと思うな。




体験談TB:0CM:6

TOKIOができること

2014/12/16(火) 12:00:00
800 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2014/12/14(日) 18:33:15.14 ID:SXzqaaIB0.net
http://pbs.twimg.com/media/BDwNWXGCEAErgIR.jpg
BDwNWXGCEAErgIR.jpg





TOKIOTB:0CM:8

恋は盲目

2014/12/16(火) 12:00:00
415 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/11/07(金)17:35:16 ID:NVBayZAi6
恋は盲目とよく言われるが、周りが見えなくなりすぎておかしくなってしまった人がいた。

俺の上司(30代既婚男)は気さくで仕事もできたので女性社員にかなり人気があった。
しかしその上司に対してあからさまに好意を露わにする後輩の20代女(以下A)がいて、
そのAの行動が日に日に変になっていったので見ていて怖かったわ。

Aは、日によって上司に対する態度がコロコロ変わった。
ある日はしつこいくらい何回も上司に話しかけに行き、
しかしまた別の日には上司などそこにいないかのような感じでふるまった
(思いっきり知らんぷり状態)。
Aはとにかく『押したり引いたり』ということをやっていた。エンドレスで。
押してダメなら引いてみる、引いてダメなら…諦める!というふうにはならなかったみたいだわ。

そして、ある休み明けにAが急にびっくりすることを言い放った。
「○○さん(上司)昨日スーパーで会いましたね。偶然でビックリしました」と。
上司の方を見ると、上司は「あ、そうだね。ビックリしたよ」と苦笑いで言った。

俺としては、その時は「ん?本当に偶然か?」と思った程度だったわ。
しかしそれから1か月くらい後に、
またしてもAが
「○○さん(上司)昨日ホームセンターで会いましたよね。ビックリしました」と言った。
明らかにストーキングと言われる類の行いだったし、
上司もほかの社員も「ストーカーじゃん」と言いたそうな顔をしていた。

そしてそこにいたある社員が空気を読んだのか読んでないのか
「うわ、ストーカーみたいな偶然」とちゃかした。
もちろんAにも思いっきりその発言は聞こえていたようで…
こういう状態になるとストーカーはキレながら必死で嘘を重ねるか、
キレながら開き直って暴露してしまうかのどちらかだが、
Aは後者だった。
「ごめんなさいね!偶然じゃないですね。ちょっと見ていたかっただけですよ!
」などと言ってたわ。

こんな状況に直面したのは初めてだったので、俺はどう対処していいか分からなかったが、
上司が「なんで俺の行くスーパーとかホームセンターが分かったの?」と冷静に訊いた。
そのAの答えに本当に驚いたわ。
Aは、3か月くらい前に上司が昼休み中に財布の中身を整理しているのを見たようだ。
そしてその時、上司が大量のレシートをゴミ箱に捨てているのを目撃した。
Aは皆の目を盗んでそのレシートを拾い上げ、上司がよく買い物に行く店舗や
その時間帯を調べた…ということだった。

恐ろしすぎて言葉が出なかったし、
実際こんなことをする人が本当にいるのか…と、もはや恐ろしさを通り越して感心すらしたわ。
結局Aはクビにはならず、厳重注意されて他部署に配属されるだけで済んだ。

上司によると、Aは他部署に配属されてからはストーカー行為は一切していないということだった。
しかし一度、Aは上司に「付きまとってしまったので、お詫びの品を自宅に持っていきたいんですが。
もしよければ自宅の場所を教えていただけませんか」と言ってきたみたいだ。
言うまでもなく、上司は断ったらしいわ。
現実とは思えんほどに衝撃的な人だったよ。



体験談TB:0CM:6

合宿

2014/12/16(火) 12:00:00
199 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/10/15(火) 12:19:30.13 ID:42bKtWFT0.net
・・・高校教師である彼女は、部落解放奨学生の合宿に参加してみることにした。

同部屋の女生徒が鏡を見るのに熱中のあまり、午後のセッションに遅れそうになったため
「 集合時間に遅れるわよ。鏡を見るのが好きね 」 と声をかけたところ
( 多少は刺々しい言い方だったかもしれないが )、
十数名の奨学生から 「『 化粧ばかりしている 』 と言っただろ 」 と詰め寄られて取り囲まれた。

「 部落差別を受けているこの娘の苦しみがわかるのか?」 「 蔑視教育!」 「 管理教育粉砕!」
など、 その糾弾は深夜2時までも続いたという。

翌朝、女生徒はケロっとした調子で 「 先生、ごめんな。先生も苦しい思いをしてきたんよね 」
と謝ってきた。
実はその女性教師も被差別部落の出身だったことを、見かねた誰かが女生徒に告げ口したらしいのだ。

女性教師は 「 これは一体何だ? 」 とその場でへたり込んでしまった。

集中砲火を受ける中で、それを敢えて正面から受け止めようと懸命に対応したのだ。
口が裂けても 「 私も皆と同じ部落民なのよ 」 とは言わないと決めていたからだ。

怒りと批判の対象ですら、同じ部落民とわかった途端に皆兄弟姉妹・・・こんなものが優しさと温もりなのか?
そもそも、これまでの部落解放運動の、怒りと批判の矛先にあるものは、一体ぜんたい何だったのか!?
体から力が抜け、彼女は深い悲しみと怒りに包まれた・・・

 ~ 小浜逸郎 「 弱者とはだれか 」 PHP新書、110ページ
http://tonchamon.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-3a87.html

その他TB:0CM:6

右から順に

2014/12/16(火) 12:00:00
118 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/11/28(金) 11:29:15.36 ID:gcm1B2lO0.net
本のタイトルを右から順に
http://i.imgur.com/zkMNSLE.jpg
zkMNSLE.jpg




画像TB:0CM:4
ホーム全記事一覧

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.