FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2009年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


駐車場

2009/04/12(日) 16:56:09
28 名前: 1/2 投稿日:2009/04/11(土) 16:55:44 ID:5bK1EJD/
スーッとはしたが微妙に武勇伝ではないかもしれない先日の出来事・・

近所のホームセンターの駐車場の出入口は幅は広いものの右折側に交差点があるため
出口には右折禁止の看板がデカデカと立っていて路面の矢印も左折表示がしてある。
買い物を終えて車で出口へ向かったらワゴンRが右にウインカーを出して停車していた。
しかし交差点では信号待ちの車で渋滞しておりワゴンRが入り込むスペースもなく
また、右からも車が絶えず走行してくるため待ちぼうけ状態が続く。
仕方が無いので軽くクラクションを鳴らしたがウインカーはそのままで動く気配なし。
もう一度長めに鳴らしたが無反応。私の後続車もそれに気づき3発クラクションを。

するとワゴンRから上下白のジャージのDQNファッションを身にまとい金色に染め上げた
頭をかしげながら20代のバカモノが出てきて、私の車の窓ガラスを強めにたたいた。
結局香ばしい展開になるのかと軽く反省しながら3cmほど窓を開けたらヤニ臭い息で
「アンダゴルァー ウルセーんだよ 文句あっかー!」と凄んできた。
「ここ右折禁止なんですが気づいてました? 後ろもつかえてますが・・・」
と軟らかめに話すものの興奮したDQNにはこの程度のことも理解できないらしく
「文句あるなら出てこいやー!!」と訳わからんことを怒鳴り散らすばかり。

30 名前: 2/2 投稿日:2009/04/11(土) 17:01:38 ID:5bK1EJD/
遠巻きに人は見ているものの誰も助けてはくれそうも無くどうしようかと困っていたら
運転席には誰もいないはずのワゴンRが動き出し右折どころかUターンして駐車場内へ
走行し始めた。
が、DQNはそれに気づかず罵詈雑言中。車の行方を確認したら店の入り口付近で停まり
中から爺さんが降りてきてそのまま店へ入っていった。
相変わらずうるさいDQNに指で前を見るようにとゼスチャーし、
「なんか車かってに走っていきましたよ。」と言って店の方を指さした。

あわてて店の方へ走り出すDQNを尻目に私は無事駐車場から出ることが出来たが
一時停止をして左折する際、歩道にいたお婆さんががやってきて
「騒ぎを見ていたうちのお爺さんが、 歩道がふさがって邪魔だし店まで遠いのう 
 と言って勝手に乗り込んで行っちゃいました。遠いってここまで10分ほど歩いて
 来てますのにねぇw」といってくれた。
お婆さんに丁重にお礼をし、お爺さんには心の中でGJとつぶやいた。






スポンサーサイト



体験談TB:0CM:74

命の使い方

2009/04/12(日) 16:54:55
240:おさかなくわえた名無しさん :2009/04/11(土) 21:07:51 ID:HY2znITs [sage]
今日、思いだしたので投下。
12~13年前に我が家に着たアメ留学生が「侍」マニアで
日本大好きな大学生だった。結構、日本語も達者で家にいる時
は冬なのに自前の浴衣を着る人だった。
夕食の時、太平洋戦争の話になって浴衣外人が特攻隊について
「特攻隊の人は死にたかったんじゃなくて親、兄弟を守るため
死ぬのは嫌だったけど死を選んだんですよね」って質問してきた。
家族全員、どう答えていいかわからず黙っていたら、祖父が、
「嫌だの死を選択したのだのとかじゃないんだよ。命をどう使うか
考えた末の事なんだよ」と浴衣外人に話した。
あまり、口数が多くない祖父だったし、記憶が定かではないけど、
ほとんど家にホームステーイに着たアメ留学生とも会話してなかったが
祖父の言動にちょっと戸惑ったけど、何かを感じたのかごはん食べながら
泣いていて、次の日から帰るまで、祖父べったりになった。
俺はちょっと嫉妬したけど、帰る間際に親日を誇っていた彼が「日本の
心に少し近づいたような気がします」と言い残して帰って行った。
その浴衣外人から祖父の命日に毎年はがきが来て、祖父が言った言葉をつたない日本語で
書いてくる。
「命はどう使うかが大切」この文章が一昨日届いた。
胸が熱くなったので投下した。反省はしない。





感動TB:0CM:25

一粒の豆

2009/04/12(日) 16:52:33
273 名前:( ´∀`)ノ7777さん[] 投稿日:2009/04/10(金) 18:00:52 ID:uMHdt0DZ0
あるところに、交通事故でお父さんを失った母子がいました。
上の子は小学3年生、下の子は小学1年生でした。
お母さんは、生活を支えるために朝6時に家を出、
ビルの清掃、それから学校給食の手伝い、夜は料理屋で皿洗いと、身を粉にして働きました。
でも、そんな生活が半年、8ヶ月、10ヶ月と続くうちに、
身も心もクタクタになってしまいました。
いつしかお母さんの頭には、いつも死ぬことばかりが思い浮かんできたのです。

そんなある日、お母さんは朝でがけに子供たちに置手紙を書きました。
「おにいちゃん、おなべに豆がひたしてあります。これを、今晩のおかずにしなさいね。
 豆がやわらかくなったら、おしょうゆを少し入れなさい。」
その日も1日、くたびれきって帰ってきたお母さんは、
今日こそ死んでしまおうと睡眠薬を買っていました。
そんなことはまったく知らない二人の子供たちは、すやすやと眠っています。
その時、彼女は、「お母さんへ」と書いた、1通の手紙を眼にしました。
「お母さん、ごめんなさい。ぼくいっしょうけんめい豆をにました。でも、しっぱいしました。
だからごはんに、水をかけて食べました。
お母さん、あしたの朝、もういちどぼくに豆のにかたをおしえてください。
そしてぼくのにた豆を一つぶだけ食べてみてください。ぼく先にねます。お母さん、おやすみなさい。」
このお兄ちゃんの手紙を読んだお母さんの目に、どっと涙があふれました。
「ああ、お兄ちゃんは、あんなにも小さいのに、こんなに一生懸命に生きてくれているんだ。」
お母さんはそう言って、お兄ちゃんの煮たしょっぱい豆を、涙と一緒に一つ一つ押し頂いて
食べたのです。

それ以来、「一粒の豆」がお母さんの宝物になりました。
あの時のことを思えば、どんなことだって我慢ができるという、お母さんだけの「秘密の宝物」
なのです。




泣けるTB:0CM:37

電気カーペット

2009/04/12(日) 16:50:16
674 名前: わんにゃん@名無しさん 投稿日: 2009/03/17(火) 08:52:50 ID:Kz9br/2b
うちのぬこが電気カーペットの上に座らないで冷たいとこに座るから
電気カーペットで「あったか~」ってゴロゴロしてたらそわそわしだした
でもやっぱり乗らずにカーペットの周りをグルーっとまわって僕のとこにくる。

ところが昨日仕事から帰って遅くなったので「寝てるかな」って
そーっと部屋に入ったらカーペットでゴロゴロしてる
超ゴロゴロしてる。横転匍匐前進みたいな感じで夢中になってカーペットにくっついてる
しかも喉ならす音が超でかい。

そこで僕が「ただいま~」っというとサッと立ち上がり
いつものようにカーペットの周りを歩いて僕の足にスリスリ・・・
それからも何故か僕がそ~っと入ってくると横転匍匐全身してる
で、「ただいま~」っというとサッと立ち上がって
いつものようにカーペットぐるーっとまわって足に擦り寄ってくる。

なんでかわからないけどサッと立ち上がるときの
∑( ゚ω゚)ハッって顔が可愛いすぎてもう死ぬかもしれん。





ほのぼのTB:0CM:14

いじめ

2009/04/12(日) 16:48:32
7 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/20(金) 13:28:01.51 ID:nKXG7igU0
大丈夫。俺も担任の先生に
「お前いじめられてるらしいな」って言われたことある。
超驚いて
「ほんとですか!?誰にですか!?」
って言ったら
「え…?クラスの奴らが、山川がお前をいじめてるって言ってたぞ」
っていうから、俺山川のところにいって
「お前俺いじめてんのか!?」って言ったら
「え…?あー、うん。いじめてる」
っていうから、「もうやめてください!」って言ったら
「わかった。もうやめる」って言ってくれた。

自分でも何されたかわからないまま俺のいじめはおわった。






体験談TB:0CM:26

電話にて

2009/04/12(日) 16:47:31
700:彼氏いない歴774年 :2009/04/11(土) 22:24:19 ID:42FGvY3w [sage]
電話にて

私「もしもし」
男「私だ」
私「お前だったのか」
男「また騙されたな」
私「全く気付かなかった」
男「・・・・・・あれwwwちょwww待ってww誰wwww」



親しそうに見えるだろ?間違い電話なんだぜ、これ・・・





体験談TB:0CM:22

新聞勧誘

2009/04/12(日) 16:46:32
78 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2009/04/12(日) 04:51:31 ID:IQlrs3pJ
大学生で東京にいたある日、叔父夫婦の家に遊びに行ったら
新聞を2紙とっていた
「なんで2紙もとるの?ムダじゃないの?」と聞いたら
「勧誘がすごくて断りきれないんだよ」と言う
「そんな勧誘が断れないなんて情けないねえ」

と言ってるところへタイミングよく別の新聞の勧誘員が来訪
「ならお前、断ってみろよ」と叔父
「よっしゃー」張り切る自分

その日から叔父は3紙とることになりました





体験談TB:0CM:19

どうも僕です!

2009/04/12(日) 16:45:09
33 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/04/11(土) 09:41:09 ID:Fnp1jjmA
夜の渋谷で背の小さいスーツ着た男性に「どうも僕です!」と話しかけられた。
こんばんわとか今大丈夫ですかとか何言か話して、これはナンパだ!と判断した。
その人の手元には俺と僕と書かれた封筒が二枚あって、それを出して
「強気な俺と気弱な僕どっちが好きですか」と聞かれた。
よくわからなくて「え、あ、じゃあ弱気なほうで」と言うと「中に連絡先あるんで、連絡して下さいね!」
とやけに爽やかに去っていった。

すぐ遊ぼうとかじゃないのね!手紙渡して連絡待ちなんて奥ゆかしいわ!と思って
家に帰ってから中開けるとなんかの切れ端に「俺のことは忘れくれ」とだけ書かれてた。

あれは何だったんだろう。





体験談TB:0CM:20

マンボウ

2009/04/12(日) 16:44:14
462 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/04/11(土) 00:11:41 ID:/KR4WjWX0
どんな生物でも自衛手段をもっている
強かったり、速かっり、丈夫だったり、隠れるのが上手だったり、
毒があったり、殻をもってたり、不味かったり
でもな、マンボウは、そんな個を守る手段を全く持って無いんだよ
人間が歩く速度より遅くて
武器は何も持ってなくて
でかくて目立って、悲しい顔して
その上に美味しいんだぞ?

唯一の身を守る手段が、大量に産卵するって事だけど
その卵がまた美味いんだ

いったいマンボウが何をしたってんだ
ポン酢で和えると、また格別なんだ
薄く切って淡白な味を強調するなら柚子でどうぞ






バカ回答TB:0CM:32

ねずみっ子

2009/04/12(日) 16:43:12
591 名前:ツール・ド・名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/11(土) 17:47:30 ID:???

嫁「今ねぇ職場の○○ちゃんがねずみっ子に嵌ってるんだって」
俺「ねずみっ子?」
嫁「そう。ねずみっ子」
俺「ねずみっ子? ねずみっ子って何?」
嫁「え!? ねずみっ子知らないの?」
俺「え?それって今流行ってんの?なに?」
嫁「マジで知らないの?ねずみっ子って、まず自分が会員になって、
  そして自分が紹介した人間が会員になるとお金がもらえて、
  その会員がまた会員を紹介するとまたまたお金がもらえてって仕組みのことだけど」
俺「!? それってねずみ講のことでしょ?」
嫁「だからねずみっ子だよ!」
俺「ねずみっ子じゃなくてねずみこうだよね?」
嫁「ねずみっ子だよ?ねずみが子供を産んでその子供がまた子供を産んで
  どんどん増えていくからねずみっ子って言うんだよ~(自信満々)」
俺「ねずみ講って言うんだよそれ…」
PCを立ち上げてググってあげた。 嫁は読みながら唖然…
嫁「ずーっとねずみっ子だと思っていた…
  ねずみ講よりねずみっ子の方が意味的に通じるよね!?ねっ!」
俺笑いを堪えるのに精一杯。
嫁「みんなねずみっ子って言ってると思ってた!
  私がねずみっ子って言っても意味通じていたし!!」
俺「それは嫁が怖かったから誰も指摘できなかったんじゃね?www」
嫁「も~! ずっとねずみっ子って言ってたよ~!!!やだ~!!!」
嫁は顔を真っ赤にしながらスタスタと寝室へ。
10分くらい経ってから俺が寝室へ行くと頭から布団を被っていた。
俺「もう寝たの~?」
返事がない。ただの屍のようだ。それなら復活の呪文を唱えてみよう。
俺「ねぇ?うちのねずみっ子はもう寝たの?www」
嫁がガバッっと起きてきて抱きついてきたwww
嫁「も~やだ~!!!! 会社でも言ってたの!もう仕事にも行けないよ~!!!!!」





体験談TB:0CM:43
ホーム全記事一覧

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.