FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


修学旅行

2007/01/28(日) 14:59:37
544 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2007/01/27(土) 18:19:15 ID:c6SIHnOo0
高校最後の修学旅行の班決めの日、中2病の俺は一人余ってしまった。
その日遅刻してきたアキバ系Yと学校をサボったと思われる不良Tと
班を組むことになってしまった。当日、行きのバスでは終始無言だった。
宿に着き、夕飯までの自由時間に三人部屋の隅っこでMDを聞いていた俺とT。
Yはノーパソでゲームをしていた。
しばらくしてYのやっているゲームがドラクエⅢであることに気が付き俺がYに初めて話しかけた。
ドラクエトークをしているとTも入ってきて夕食の時間まで懐かしいゲームの話で盛り上がった。
打ち解けて消灯までの時間もゲーム以外の話をしたり売店で買ってきたトランプをしたりもした。
楽しかった。消灯し、しばらく色んな話をしていたがTがタバコが切れたから買ってきたい
と言い出した。
少し戸惑ったが俺とYはタバコを買いに行くのに付いて行った。
11時までじゃないとタバコの自動販売機が終わってしまうらしく山道を3人で
駆け下りてなんとか自動販売機にたどり着いた。
自動販売機を見つけたときは俺もYも少しはしゃいでしまった。
あの日の夜中の山道は俺の唯一の青春。
次の日からスウェットのTとアキバスタイルのYとジャケットからシャツの襟を
無駄に出した俺という異様な組み合わせで一緒に長崎を観光した。
ゲーセンに寄ってYのゲームに付き合ったり、Tが調子に乗ってナンパして
一人も引っかからないのを笑って見てたり、地元のヤンキーに絡まれたりしたが
Tがボコボコにして必死に逃げたり…そんな漫画が読みたい。
スポンサーサイト



☆超おすすめ☆TB:1CM:26

脳を鍛えろ

2007/01/28(日) 14:56:36
850 :南極774号 :2007/01/25(木) 18:51:17 ID:hcvVQEjS0
自分はカリの部分で皮がたるんでる仮性。
やっぱガキの頃は皮に包まれていたから、刺激に弱いのだろうか。

オナホで鍛えられた人いる?
なんか過去スレ読んでると、効果があったって人ってほとんど見かけないような気がする。

854 :南極774号 :2007/01/26(金) 03:08:11 ID:gk+qI7elO
>>850
チソコ鍛えるより脳を鍛えるべし。集中力

トレーニングというより拷問ネタでやってた
スペースバンパイアに逆レイプされ、イッたら地球滅亡とか
地球のためみたいな明確な目的があると結構頑張れるぞw


855 :南極774号 :2007/01/26(金) 06:04:25 ID:+i5B/RkL0
>>854
お前そんな規模のデカイオナニーを・・・

861 :850 :2007/01/27(土) 01:33:10 ID:1Vnv5hdK0
>>854
オマイが脳を鍛えろw
まるでダメTB:0CM:2

心の目で見よ!

2007/01/28(日) 14:55:43
212 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/25(木) 13:59:38 ID:jsSm/QjF
http://www.sexinfo101.com/flash/realorfake.swf

85㌫をキープできた俺だが、基本ヒンヌー好きである

動画TB:0CM:52

黙れ

2007/01/28(日) 14:52:27
320 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/01/25(木) 09:28:31 ID:D3X+pGSo0
   r ‐、 
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l   良い子の諸君!
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)   空気抵抗を考えなければどんな重さの物も
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|   同じ速度で落下する
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |   
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  これは物理学の常識だ!
|  irー-、 ー ,} |    /     i
| /   `X´ ヽ    /   入  |  



   r ‐、   あれ?でもロビンマスクが……
   |  (|         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    うるさい黙れ
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |
|  irー-、 ー ,} |    /     i
| /   `X´ ヽ    /   入  |

321 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/01/25(木) 09:34:32 ID:D3X+pGSo0
   r ‐、 
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l   良い子の諸君!
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)   食塩水を火にかけて蒸発させると塩が残る
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|   同じように汗が蒸発すると皮膚の表面に塩が残る
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |   それで皮膚がかせるため汗疹になるんだ
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |
|  irー-、 ー ,} |    /     i    運動などしたらちゃんと汗を拭くんだぞ!
| /   `X´ ヽ    /   入  |  



   r ‐、   あれ?でもモンゴルマンの汗は……
   |  (|         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    いいから黙れ
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |
|  irー-、 ー ,} |    /     i
| /   `X´ ヽ    /   入  |
四次元殺法コンビTB:0CM:10

チョンマゲ

2007/01/28(日) 14:50:50
372 名前:名無し職人[] 投稿日:2006/10/20(金) 20:29:10
「苦しゅうない」
通勤途中の電車の中で突然言われた。
見ればチョンマゲを結った女子高生だった。
女子高生にそんなことを言われたのは初めてだったので、俺は軽く興奮した。
「本当に苦しゅうないんですか?」
「うむ。苦しゅうないぞよ」
こんな俺にこんなにも優しいお言葉を・・・。
俺はようやく主と呼ぶに値するお方とめぐり合えたと思った。
「殿! 私は殿に一生着いて行く所存でございます!!」
俺はそう言って殿の前に跪いた。
その途端。
「ひどい・・・。私・・・、殿じゃないもん・・・」
殿の目にみるみる涙が溜まっていく。
「とっ、殿!? いかがなさいました!?」
俺はあわててハンカチを差し出したが、殿はそれを払いのけ人目をはばからず泣き出した。
「うわぁぁぁん! みんな私の髪型見て殿って言うよぉ・・・。ひどいよぉ・・・」
泣きじゃくる殿に御学友が駆け寄り、やがて一斉に俺を睨み付けた。
「ちょっと! そち、どういうつもりよ!」
「そちみたいな変態どものせいで、この子毎日泣いてんだからね!」
もはや俺はどうすれば良いのか分からなかったが、漠然と己の運命を悟っていた。
切腹かなあ・・・。白装束に着替えなきゃなあ・・・。
俺はパンツを脱ごうとした辺りで皆に取り押さえられ、次の駅で鉄道警察に引き渡された。
連れて行かれる俺を、殿は汚らしい物を見るような目で御覧になっていた。
殿はもう泣いておられない。これで心置きなく取り調べに望める。
それだけで俺は満足だった。
ネタTB:0CM:14

無題

2007/01/28(日) 14:49:05
213 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/01/27(土) 21:12:37
            _
           ( ゚Д゚)
           し  J    チャリーン
           |__|     __ lヽ,,lヽ
             _| ::|_       | |Θ|(    )
        | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|_ |_|_|と   i
        |___|__|_|  |_|  しーJ

            _ _ ∩
           (;゚∀゚)彡
          ⊂  ⊂彡
           |__|     __ lヽ,,lヽ
             _| ::|_       | |Θ|(    )
        | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|_ |_|_|と   i
        |___|__|_|  |_|  しーJ

AATB:0CM:13

自慢の友達

2007/01/28(日) 14:48:29
279 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/28(日) 09:37:15 ID:MDnDmOSa
駅から学校までの道に一軒古めかしい家がある。
この間そこの前を通ろうとしたら、家の中から「ニャー……ニャァン……」と
ものすごく可愛いにゃんこの声が聞こえた。
『おw』と思って開いた門の間から思わず塀の中を覗くと、

家の前の石段には猫ではなく小さなバーチャンが座っていた。

バーチャン「ニャーン……っくく、ふふふ……ヒッヒッヒ……('∀`)」

……騙された。バーチャンご満悦。
何となく気まずかったので見なかった事にしてそこを離れたが、声が聞こえなくなるまで
バーチャンの笑い声は止まなかった。


次の日、今度は学校から駅に帰ろうとしていたところ、今度は例の家から
「ホー……ホケキョン……キョキョキョキョキョ」と聞こえた。
どうやら口笛をウグイスっぽく響かせてるらしい。芸達者にも程がある。
呆れ顔で門から顔を出すと、バーチャンが
『引っ掛かった?引っ掛かった?(゚∀゚)』という顔でこっちを見ていた。
「この時期にウグイスは無いっすよww」と言ってやったらバーチャン(´・ω・`)ショボーン
何だか不憫になったので、「この前の猫は引っ掛かりましたけど」と付け足したら
バーチャン+.(*゚∀゚*).+ペカー

それから何となく話が弾んで、気がついたらバーチャンの家でモナカとお茶を頂いていた。
今ではすっかり仲良くなり、新しい芸を覚えたら一番に披露してくれます。
俺の自慢の友達です。
ほのぼのTB:0CM:15

田中さんが来る日

2007/01/28(日) 14:46:48
634 :名無しのオプ :2007/01/25(木) 16:55:04 ID:GBnIdrQ9
いつも怒りっぽいママが、今日は朝から鼻歌を歌っていました。
それで僕は、ああ今日は田中さんが来るんだなと思いました。
「ケンちゃーん、ケンちゃーん」ママが呼んでいます。
「ケンちゃんはしばらく外に出てくれないかしら」
田中さんが家に来るときは、僕は家を出ないといけません。
本当は一緒にいたいのですが、うちはひと部屋しかないからと、ママは嫌がります。
前に裸で田中さんに抱きかかえられているところをたまたま僕に見られたとき、
ママはしばらく口をきいてくれませんでした。
そのかわり田中さんが帰ったあとのママは肌もつやつやして、
僕に優しくなるので我慢します。
ママは田中さんが今日25歳の誕生日だからと、ひそかにプレゼントを
用意しているみたいです。

僕が公園から戻ると、ちょうど田中さんが家から出てくるところでした。
僕はぺこりと頭を下げてあいさつをしました。


「ママ…母がいつもお世話になってます。手伝えなくてすいません」
「百歳になっても息子に見られたくないって気持ち解りますよ。
お母さんからお煎餅の詰合せ頂いちゃって…ありがとうございます」
田中さんは髪を縛ったゴムをほどくと巡回入浴カーに乗り込みました。
ネタTB:0CM:9

らめぇ

2007/01/28(日) 14:45:51
451 名前:名無し職人[] 投稿日:2007/01/27(土) 16:45:32
ランプの精「こ、こすっちゃらめぇ…」

ネタTB:0CM:12

高1女子の質問

2007/01/28(日) 14:45:19
4 名前: 名無しさん@七周年 投稿日: 2007/01/24(水) 11:04:06 ID:F1HkP7m60
高1の女子です。金玉がかゆいんですけど対処法を教えて。

ネタTB:0CM:8
ホーム全記事一覧

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.