FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


俺はガンジーになる!!

2007/01/19(金) 14:44:51
138 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2007/01/17(水) 19:04:45 ID:Zks9lu1yO
>>116
俺はガンジーになる!!

157 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/01/17(水) 19:07:04 ID:yyshYcom0
>>116
http://ja.wikipedia.org/wiki/マハトマ・ガンジー より引用

13歳で結婚して5人の子供がいたガンジーは、生来人一倍性欲が強かったが、
妻と愛欲に耽っていたために父の死に目に会えなかった経験から性欲を恥じる
ようになり、36歳のとき、結婚したまま一切の性行為を断って禁欲を開始することを決意した。

ヴェド・メータの『ガンディーと使徒たち』によれば、晩年のガンジーは裸体の
若い女性たちとベッドを共にして「自分がほんのわずかでも性欲を感じないか」を
確かめようとしたという。

171 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2007/01/17(水) 19:08:50 ID:Zks9lu1yO
>>157
ガンジー氏ね
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:13

イチローからの電話

2007/01/19(金) 14:43:45
230 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2007/01/19(金) 04:43:00 ID:j/Z3CD3p0
イチロー「もしもしノリさん、決まりました?」
ノリ「ん…?ああ…まあ…」
イチロー「本当ですか!どこですか!?」
ノリ「その…ゴールデンゴールズっちゅう…」
イチロー「ゴールデンゴールズ?新球団出来たんですか?」
ノリ「……」
イチロー「いやでも良かったですよ。優勝請負人としてオリックスを見返してやってください」
ノリ「ああ…そうやな…」
イチロー「それじゃあまた電話しますね、欽ちゃんによろしく。」

ガチャッ ツー ツー

ノリ「…欽ちゃんによろしくって…」
ネタTB:1CM:5

もうこんな仕事はいやだ

2007/01/19(金) 14:42:48
927 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2007/01/18(木) 10:12:52 ID:YI0BynFZ
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  もう刺身の上にたんぽぽを延々と置き続ける仕事はいやだお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /
AATB:0CM:14

笛 先 を 交 換

2007/01/19(金) 14:41:35
168 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2007/01/18(木) 10:52:50 ID:TjWbnLh3O
オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
「笛 先 を 交 換 し た 」
名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
悲劇は起こった。
好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
先生に笛を見せる。
ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」
ザワザワ・・・
先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さ
体験談TB:0CM:16

囲まれた

2007/01/19(金) 14:39:40
946 :おさかなくわえた名無しさん :2007/01/18(木) 15:09:53 ID:7sVOnVbt
電車に乗ってたら女子小学生が大量に乗ってきて囲まれた

○女子小学生
● オレ

━━ドア━━
 ●●●
●●●●●キャッ キャッ
●●○●●
●●●●● ワーワー
 ●●● アハハ

947 :おさかなくわえた名無しさん :2007/01/18(木) 15:10:39 ID:v3og4CoX
>>946
お前は何人いるんだ
AATB:0CM:9

くの一

2007/01/19(金) 14:38:50
482 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 2007/01/18(木) 18:10:40 ID:gBCi20s50
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/o/u/mousouteki/up36600.jpg

なにこのくの一女子大生

up36600.jpg

画像TB:0CM:19

俺と婆

2007/01/19(金) 14:36:42
383 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/11/21(火) 22:27:06 ID:FmSbqOGF
 自販機
 □  □  □
 ○  ○  ○
 婆  ○  ○
 俺

     婆婆

 自販機
 □   □   □
 婆   ○   ○
 婆婆  ○   ○
 俺
  

自販機
 □   □   □
婆婆婆 俺   ○
AATB:0CM:6

ブランコを漕ぐ人

2007/01/19(金) 14:35:38
324 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/01/06(土) 00:36:45 ID:0iovq6Vi
小さい頃、住んでいた近くに寂れた少し大きな公園がありました。
しかもその公園は墓地の坂道を上がった所にあるので
子供は余計に寄り付きませんでした。
小学生だったある日の夕方、
その墓地を抜け、
公園の中を「嫌だなぁ」と思って通っていると
公園の隅にあるブランコから
「キーキー」と音がしてきました。
しかもそこから視線を感じたので恐る恐る目をやると…
スーツを着たサラリーマンが立ちこぎをしながら
おもっきりこっちを見ていました。
その異様な風景に怯えながら
さらにそのサラリーマンをよく見てみると…

両手ばなしで
気をつけの姿勢で
ブランコを立ち漕いでました。
あれはなんだったんだろう…
不思議TB:0CM:18

突然、紳士がやってきた

2007/01/19(金) 14:34:26
494 名前:名無し職人[] 投稿日:2006/11/08(水) 09:41:33
突然、紳士が家に入ってきた。
とても柔和そうな、身なりのきちんとした紳士だ。
ただ、右手に包丁を持っていた。
紳士は警戒している俺の方を見て、おずおずとこう言った。
「あの・・・悪い子はいらっしゃいませんか・・・?」
その声は小さくて聞き取るのが難しいほどだった。
110を押し終わる前に理解できたのは幸運だったと言える。
「なんだナマハゲかよ。紛らわしい」
俺はちょっとむかついたので、ブスっとしたまま紳士にお茶を出した。
紳士はコタツに入ると、さっきよりもさらに小さな声で「スミマセン」と言った。
びびっている紳士が話しかけてくる気配は無く、しかたないので俺から話を
振ってやることにした。
「あんた、ナマハゲに見えないよね」
「はい・・・、私、まだ駆け出しなもので・・・」
いや、もっとこう、根本的な何かが・・・。
「普通ナマハゲって秋田に出るもんじゃないの? 愛媛なんかに来てていいの?」
「悪い子がいるのは秋田ばかりではありませんから・・・。
私は世界中の悪い子に会いたいと思ってますので・・・」
へえ。それはすごいじゃん。たいしたもんだ。
「でもうち、子供いないよ? 俺独身だし」
「えっ、そうなんですか!? お茶を出してくださったので、てっきりお子さんが
いらっしゃるお宅かと・・・」
「あ、ごめん。じゃあ無駄な時間取らせちゃったな」
「いえ、そんな・・・。今日回る分はこちらのお宅で最後のつもりでしたし・・・」
「そうか。それならゆっくりしていくといいよ。俺も話し相手が欲しかったところだし」
「あ、はい。ではお言葉に甘えさせていただきます」
その後、ナマハゲはなんだかんだで4時間ほどコタツに入っていた。
時間が経つにつれ、ナマハゲは最初のびびり方が嘘のようにおしゃべりになった。
その話はどれもとても面白く、ナマハゲが帰るころには、俺はどんな秋田県民よりも
ナマハゲに詳しくなっていたと思う。
土産にミカンを持たせてやると、ナマハゲは大層喜んでくれた。
うちに悪い子がいたら、もっと喜んでくれただろうになあ。
俺はとても残念な気持ちで、ナマハゲの後姿を見送った。
ネタTB:0CM:17

JAF

2007/01/19(金) 14:32:09
429 名無しさん@そうだドライブへ行こう sage New! 2007/01/18(木) 02:38:44 ID:OQfGp15EO
>>428
終わってないよ。
生きてる限り、頑張ればなんとかなることだってある。
心の傷が早く治るといいね。


ちょっと聞いてください。
さっきドライブしていたら用水路にきれいにはまってるロードスターがいた。
山奥の真っ暗な場所だったのでJAFが来るまで一緒にいてあげた。

それで、JAFが来てロドスタを引き上げるのに方向転換したら
JAFまで用水路に落ちた。


JAFがJAFを呼んだ。
JAFを退会しようと決心しました。
体験談TB:0CM:17
ホーム全記事一覧

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.