FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Let's 高揚拳

2007/01/06(土) 14:14:10
940 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/01/05(金) 22:09:43 ID:yemZpsBI0
昔、酔拳に憧れてたんだが、当時俺はまだ小学生。
未成年だから酔拳は使えないなと踏んだわけだよ。
それなら諦めればいいものの、喧嘩ばかりか頭も弱かった俺は
自己流の拳法を編み出してやろうと考えちゃったわけだ。

で、思案の結果(つっても三日間くらいだけど)編み出されたのが
「高揚拳」つってね、別名が“ハイテンション拳”って言うのよ。
その酔拳を見た後に刺激して作られた拳法だから、
「○○すればするほど強くなる」みたいな要素が欲しかったんだよ。
それで俺は「気分が高揚すればするほど強くなる」って寸法で、
だから「高揚拳」と名付けたわけだ。

「人間テンション高ければ何でも出来る」
これが高揚拳の極意であり、真意だ。
スカート捲り然りピンポンダッシュ然り、テンションさえ高ければ
その場のノリでやっちゃうだろ?勢い任せで。
普段は理性のブレーキが掛かっているが、
テンションの高揚でその理性のブレーキを取っ払って
普段の自分には無い力をフルパワーで出そうってやつだよ。

掛け声は、テンションの高さに応じてパワーアップしてく。
「イヤァァァッホォォオオウ!!」自分の部屋で。
「キエェェェェッフゥ!!」自宅で。
「キリャアアアアアァァ!!」校庭で。
「イヤァァァァアッヒュゥゥゥ!!」教室で。

テンションが高くなればなるほど普段出来ないことをやらかせる。
この高揚拳のおかげで、普段殺せないゴキブリが殺せました。
みんなもレッツトライ。みんなも友達いなくなれ。
スポンサーサイト
まるでダメTB:0CM:15

おかんパワー

2007/01/06(土) 14:12:46
825 名前: 1/2 [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 09:02:07 ID:/+OqVYo+0
よくある話でオカルトじゃないが、一生で一番不思議だと思ってる話。

5歳下の弟は、生まれつきの脳障害+知的障害でかなり重度。
障害が判明した生後3ヶ月の時は「10歳まで生きられない」と言われ
人工呼吸器付けっ放し、10歳の頃には「成人できないだろう」と言われ、
そんなこんなで現在24歳(私29歳)。
おかんに教えられたのは「お前の弟はずっと3歳児だと思いなさい」。
身体は24歳だけどね。
実際は3歳児以下。言葉出ない、数かぞえられない、ボタンも1人で留められない。

私が大人になるにつれ、我が弟ながら不思議なのは、
「なんか言葉わかってんだよなこいつ」
「あー」「うー」程度しか声出さないけどこっちもなんかわかるんだよね。
家族で食事に出たりすると周囲が不思議そうにちらちら見てる。仲良いしな俺ら (・∀・)
誕生日にプレゼント買って帰ったりすると、昔はとにかくはしゃいでたけど、
高校生くらいの頃から少し恥ずかしそうにしたりするから「オトナになったな」と思ったり。
でも私やおかんが化粧してると、真似して鏡持って来たりするのはやっぱ3歳児っぽいw

この脳障害の子は、大抵成人するかしないかで亡くなる。
あと、表情が乏しいというか作れない。
なんだけどこいつはすんごく良く笑うんだ。満面の笑み。
専門医も不思議がってるし、養護学校や作業所でも「○○ちゃんはよく笑うわねぇ」と人気。

826 名前: 2/2 [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 09:02:56 ID:/+OqVYo+0
で一番不思議なのは最初に書いた余命の件。
結局今現在も(薬は手放せないけど)元気だし、一生歩けない、て言われたけど歩いてるし。
これは全部、おかんパワーだと私は信じている。

おかんは本当は専業主婦にはなりたくなくて、弟に手がかからなくなったら働くつもりだった。
が、息子は大変な状態で生まれて来た。(ここで施設に預けっ放しにする親も多い)
そこからのおかんは凄かった。
栄養士さんに指導してもらって特別食を自分で作ることにし、入院しっ放しにはさせなかった。
物凄い勢いで勉強して必死でリハビリに励んで、弟は歩けるようになった。
あの余命宣告は何だったんだ?と子供心に「医者ってアバウトだなー」とか思ってた。
でも私が親のグチを聞ける程度に大人になった頃、教えてくれた。
「本当は○○連れて心中するつもりだったんだよねー」笑いながら言うなおかん。
更におかんは癌になっちまって、それすらも
「息子残して氏ねないし」で克服しちまった ( ゚д゚ )
もうここまで来ると、我が母ながら頭上がらんっつーかなんだその強さ、と。

おかんが私を産んだ年をもうかなり通り越してるんだけど、
うちのおかんクオリティを見ていると自分が親になる自信がさすがにぐらつく。
無理無理ぜってー無理、って思う。
けどおかんは、
「お母さんは家から出られない人生だった、あんたは結婚しても働きなさい」って言う。
がむしゃらに働いてきたけど、最近おかんみたいなおかんになりたいなと思うようになった。

弟もおかんも、実はおとんもすごく不思議だーと今更思う三十路目前。長文失礼。
感動TB:0CM:11

空子

2007/01/06(土) 14:10:08
55 :>54アリガトウゴザイマス:05/02/03 03:21:56 ID:2fPxC/fc
部屋に入ると、猫(雄・3才)が電気カーペットにべたーっと寝ていた。
まったく動かない。死んでるのかと思って。
「そら子」と声をかけた。シッポをパタパタ動かす。
「空子」尻尾をパタパタ。「空子」→パタパタ。
少し嬉しくなった。試しに
「ソ連」と言うと、尻尾をパタパタ動かした。
「錠剤」尻尾をパタパタ。「掃除機」→パタパタ
その後、「ねぎ」→パタパタを10回ほど繰り返すと反応しなくなった。
いろいろ悲しくなった。
それから(あの頃のシャムシェイドは、カッコよかったよな…。んっ?カッコよかったか?)
と混乱したりする。

68 :>56 岸田さん?:05/02/04 01:26:47 ID:XO9Z3UN+
家の猫(3才・空子)が俺の布団で粗相をした。
私は散々怒鳴りつけてやった。「大バカ!」「間抜け!」「あほ子!」
酷く激昂して、「実はお前は、貰われっ子だ!」と
つい、口にしてしまった。しまったと思った。
奴は家を出ていった。
もう帰ってこないような予感がした。
私は激しく後悔した。
夕方帰ってきた。

81 :わんにゃん@名無しさん :05/02/05 22:27:21 ID:fqZ74JQq
夜、トイレに起きた時
じいさんの部屋から呻き声が聞こえた。
嫌な予感がして、中を覗いてみた。
じいさんの布団の上に猫(雄なのに空子・3才)が箱座りしていた。
じいさんは苦悶の寝顔で、う~う~唸っていた。
私は、とりあえず見なかった事にした。
次の日、じいさんが「俺はもう駄目だ。昨日、死ぬ夢を見た。」
と言って、1万円くれた。
名作TB:0CM:6

あの美少女を探せ!

2007/01/06(土) 14:08:05
876 おさかなくわえた名無しさん New! 2007/01/05(金) 22:55:42 ID:NyEJB48J
目撃したって言うより当事者になっちゃった事件です。

中学に入学したばっかりのときのこと。当時の俺は身長が140cmで体重も少なく
はっきり言って女みたいな体型をしていた。
俺はソフトテニス部に所属していて、当時キャプテン翼とスラムダンク全盛期だったため、
もともと人数の少ない生徒がサッカー部とバスケ部にほとんど振り分けれられ
俺の部の一年にいたっては男子は俺一人で女子は6人の計7人だけだった。
ソフトテニス部の更衣室は狭く最初に2,3年の男子。次に2,3年の女子。
最後に1年という順番で着替えていた。
1年の番になると先に男の俺が着替えさせてもらいその次に女子全員が着替える
という手順だったが、女子全員、幼稚園から一緒だったので3日目から遠慮しなくなり
一緒に着替えるようになっていた。
はっきり言って女顔でヒョロかった俺は男とは見られておらず、「可愛い~」とかいって
頭をなでられたり下着姿のまま後ろから抱きつかれたりしていた。

ここまでなら、子供のころのエロい思い出ですんだのだがその後やばい事になった。

881 876続き New! 2007/01/05(金) 23:09:11 ID:NyEJB48J
あるとき女子の一人があまりにも俺が女顔だったので女装させてみようという話になり
俺は抵抗したが1対6ではかなわず。
女子用のセーラー服を着せられ、あらかじめ用意されてたかつらをかぶせられ
ソックスや靴まで交換され、完璧に女装させられてしまった。
みんなははしゃぎまくって「可愛い~」「すげー女の子っぽい」とか言い出し。
しまいには「結構レベル高くない」とか「私らより可愛いよ」とかいい始め、
女子たちはなんか複雑になったみたいで俺の着替えを全て持って
「返してほしければ器具庫までおいで」と言われ俺は泣く泣くサッカー部と野球部の
練習しているグラウンドを横切った。
幸い両部とも人数が多くグラウンドが狭くなるので一年生は別の場所で筋トレを
していたから、俺が誰だかばれることはなかった。
しかしサッカー部野球部の2,3年男子50人ほどに注目され、ばれたかばれないか
気が気ではなかった。
ようやく器具庫までたどり着き制服を返してもらって、その場で着替え、
ごめんねとあやまられながら帰った。


この記事の続きを読む…
体験談TB:1CM:17

NHKも大変でしたw

2007/01/06(土) 14:00:51
10 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/01(月) 09:00:07.99 ID:1U5etTab
始まって以来のエロだろうけど、視聴者センターですら
開いた口が塞がらなかったらしいよ。
とにかく大変らしい。俺が電話したとき

俺「服...」って言っただけで

NHK「ごもっともです」言ってたw

実話
体験談TB:0CM:9

叔母さんGJ!

2007/01/06(土) 13:58:31
504 名前:1[sage] 投稿日:2007/01/02(火) 01:14:00 ID:plgUHVIx
正月のミニ武勇伝。
お正月なんで、施設に入ってるじいちゃんが帰ってきて、親族一同で
宴会をした。
じいちゃんは無類の酒好きだったが、脳梗塞やってるのと血圧が高いの
とかで、医者から
「正月だからちょっとはいいけど、酒はなるべく飲ませないように」
と事前にとめられてた。
んで、最初にビールを本当に少し飲むくらいにして、あとは
ノンアルコールの飲み物とかにしてもらってた。
でも宴会が盛り上がってくると、酔っ払った叔父(じいちゃんの息子)や
じいちゃんの兄弟達が、「正月に酒も飲めないのは可哀想だ!」
と言い出した。
だって飲むなって医者が言ってるでしょ、と、まともな親族たちが
たしなめてたが、そのうちエスカレートしてきて
「じいちゃんだって飲みたいと言ってる!」
「飲んで死ぬなら酒飲みには本望!」とか言い出した。
じいちゃんはボケも入ってるんで、自分でそういうのコントロールできないし、
そもそもあんたらが脇でばかばか飲んでるから飲みたくなるんだと
注意したが、酔っ払いは聞きゃしない。
何人かでじいちゃんのガードしてたんだけど、そのうち叔父が、
うるさいお前ら黙ってろ、とかいって、無理やり日本酒ついで飲まそうとしだした。

ここで叔母が切れた。


505 名前:2[sage] 投稿日:2007/01/02(火) 01:14:34 ID:plgUHVIx
無言で徳利をひったくると、酒を注いでた自分の夫の襟首つかみ、
いきなり窓まで引きずり出した。
すかさず母(じいちゃんの娘)が加勢する。
べろべろに酔っ払ってるんで、暴れながらも引きずられていく叔父。
ぽかんと見てる他の酒飲みを尻目に、私やいとこも加勢。
みんなで引きずり、窓開けて、そのままたたきに放り出した
(一応怪我しないようには気をつけた)。
酔いもさめた顔で、呆然と見上げる酒飲み達を、叔母がぐるっと見回す。

「お酒飲んで病気になったら、つらい思いするのはおじいちゃんなのよ!
息子のくせになにいってんの!それで世話一つするわけでないくせに、
無責任なこといってんじゃないわよ、いい加減にしなさいこの酔っ払いが!」

静まり返る宴会場。普段穏やかな叔母の剣幕に、叔父真っ青。
凄い萎縮して、そのままこそこそ庭を回って家を出て行き、私が帰るまで
宴会場には戻ってこなかった。
他の酔っ払いも、騒ぎを聞きつけて台所から出てきた各家の家族に
全員お説教を食らい、その後は随分大人しくなっていました。
普段から、数人いる一族の酔っ払い集団には困ってたんで、実にすっきりした。
呑まなきゃ普通の人たちなんだけどね。
叔母もいい加減、堪忍袋の尾が切れたんだと思う。
じいちゃんが脳梗塞で倒れた後、施設に入るまで介護してた人だし。

ちなみにじいちゃんは、騒ぎ見ながら上機嫌にはしゃいでました。
騒ぎに乗じてお猪口一杯飲まれちゃったけど、楽しそうだったんでよしとしたい。
体験談TB:0CM:2

100人乗っても大丈夫!

2007/01/06(土) 13:54:40
310 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2007/01/01(月) 02:58:19 ID:BTYhig3D0
.  /|  / ̄ヽ / ̄ヽ   |    ノ      ──っ  ─|─
   |  |   | |   |   人 -王|王-      /   ─|─
  __|__ ヽ__ノ  ヽ__ノ /  \  木    ̄)  (__     ヽノ

          ├──    / \      / \\  | \
           |      /___\  /       |       |   \
           |/ ̄ヽ     |   |   \       |/ ̄ヽ   |    |
           __ノ     ノ   」     \        _ノ   レ
         
                              _|_   ___|_   ─|─    ∥
                               人     ヽノ     ─|─    ∥
                              /  \  _/\_   _/\_   ○

AATB:0CM:7

低カロリー

2007/01/06(土) 13:53:53
925:名無しんぼ@お腹いっぱいsage2007/01/05(金) 12:49:04 ID:4xCo9AFN0
最近のマックって低カロリー気にしてくれてるみたいだな。
さっき買ってきたビッグマックの上の段に肉が無かった。
バカ回答TB:0CM:6

もういい、休め・・・・・

2007/01/06(土) 13:53:15
78 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2007/01/05(金) 17:19:23 ID:4lHi6KSa
ttp://www.youtube.com/watch?v=ATu2AtugfJ0
                   、、、 , , _
     ,. -┬i^i、._     ィ`,、,、,、,、,.、'、
.   /    | | .|=ゞ=、 __l/\ v~/!|
   l.    l l l \\{f∥ミゞ, ,ィ≪:lf^i      もういい・・・!
 /ヽ.   ノ「,ト、「.lヘ‐iヾ|rー~r〉〉,こlレ'
/    `ヽ//| ト、ヽlイ| |/|{王王王王}ト、
|      レニ| lニゝ冫! l!L_, , ,ー, , , ,_」シ’、    もう・・・
ヽ    __|ーL|┴^ーヽ>'^ヾ二三シ´\\
 ,ゝ,/  .}二二二二二二二二二lヽ.  ヽ \   休めっ・・・!
l/ |ト、./´\             ||. レ'´ ̄`ヽ
  || !    、\            ||. /      :|
  || |.l l゙!.|i |ヽ)          |l/       /  休めっ・・・!
  || `ヘ)U'J           /-─   ,イ.|
  ||     _           /-─   / ヽ|   持田っ・・・!
  ||  r‐-゙=っ`ヽ,.--r-─ ''"´ ̄`ヽ   /   }
  ||. {三二    | │          /   /


動画TB:0CM:17

日本の正義

2007/01/06(土) 13:52:09
618 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 00:22:10 ID:gCTUKxYp
元警察官の知り合いの話なんだけど、スピード違反で捕まえたら、相手が上にも出てるような感じで
「私を誰か知ってるかね?」と威圧的な態度だった
「知事の○○さんですよね?知ってます」といいながら切符を切ろうとしたら激怒したらしい
それでも違反は違反と突っぱねたら、「後で上の人間に伝えとくから」と捨て台詞はいてった
彼が署に戻ると所長が激怒してる
「俺の顔に泥を塗るような真似はよせ!」と
違反の取り消し&始末書を書かされたそうな
それからしばらくして、日本に正義はない、という名言を残して彼は退職しました


621 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 00:46:54 ID:qCSN0Jez
日本に正義がないんじゃない。
しかし日本の正義は、彼が辞職したときに一つ減ったのだ。
彼は正義であることに耐えられなかった。
その他TB:0CM:8
ホーム全記事一覧

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.