FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2006年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


日本人の証拠

2006/05/26(金) 13:10:59
27 名前:  投稿日:02/02/16 05:45 ID:zj3WcWku
サイゴンでプリンをウマウマしていると、オカマっぽい従業員に
「アンタ日本人?」と聞かれた。
漏れは現地人がどうやって日本人を見分けているのか興味があったので「韓国人だよ」
と答えてみた。
すると案の定、「ウソ!絶対日本人よ!だってプリンの食べ方が上品だもの!」と言われた。
漏れは決して上品な奴ではないんだが。んで、「じゃあ韓国人はどんな食べ方するの?」と聞くと、
「韓国人はウチみたいに高い店には来ないのよ」と含蓄のありそうな答え。
「プリンもう一つどう?」クネクネしながら漏れの口をナプキンで拭きながら催促される。
気持ち悪かったが、この店のプリンは檄ウマなので
「じゃあもう一個くれ」と言うと、「断らないのは日本人の証拠よ」
と言いながら厨房にクネクネしながら消えていった。
顔はドラエモン・カカのオッサンとそっくりなのだが。

ホンダガールを冷やかしながら、ポン引きを適当にあしらいながら、
ガム売りの少女と追っかけっこをしながら、とにかくいろんな追跡者とチェイスを
繰り返しながら夜の散歩をしていると、ついでに公安警察官までついてきた。
パスポートを見せろというので、「ホテルに置いてきた」と答えると
そのままジープに乗せられて連行されそうになる。
しかしかれこれ1時間ほどずっとついて来てたガム売りの少女が、
公安に「この人は日本人だよ、中国人でも韓国人でもないよ」と言っている。
「なんでお前がそんな事わかるんだ?」と公安に聞かれ、少女はアッケラカンと答えた。

「だってこの人、私を怒鳴りもしないし、蹴飛ばしもしなかったもん。」

・・・・・公安は引き上げ、漏れの手にはカゴ一杯分のガムが握られていた。
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:1

小学生が探していたもの

2006/05/26(金) 13:01:05
121 名前:水先案名無い人[] 投稿日:05/01/06 23:16:04 ID:VH32CnEr
小学生が鼻血を出しながら電話ボックスの中で、「殺し屋・・・殺し屋・・・」と
つぶやきながら、必死にタウンページをめくっていた。
名作TB:0CM:4

思い出の一本

2006/05/26(金) 12:58:19
484 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/05/20(土) 04:51:07 ID:xeEhC3a10

そのときの部長はすっごく冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを
張り巡らせてる人だった。
飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会なんかでも一人で淡々と飲むようなタイプで、
良く怒られていたこともあって俺はすごく苦手だった。

ある日のこと、部長の解雇を伝える社内メールが全員に届いた。
あのむかつく部長が居なくなる!!心の中でガッツポーズしたのは
俺だけじゃなかったはずだ。

それから1週間後、部長の最後の出勤日。
退社のセレモニーが終わるとみんなそそくさと帰って行ったが
部長と俺だけは居残って仕事を片付けていた。
送別会の開催も自ら断った部長を苦々しく思っていると、
珍しく専務から呼び出された。
しぶしぶ専務室に行くと、課長と専務が待ち構えていた。
俺はそこで始めて課長から「部長解雇の真相」を聞いた。
原因は俺だった。俺のミスの責任を全て部長がかぶってくれたらしい。
話を聞いてたまらなくなった俺は急いで部署に戻ったが、部長の姿はすでに無かった。
ふと自分の机の上を見ると、封の開いた買い置きのタバコ。すでに一本無くなってる。
横に添えられたメモにはこう書いてあった。

「これぐらいはいただいても良いはずだ」

俺にとっては無くなったその一本が、思い出の一本です。
泣けるTB:0CM:3

忘れられないセリフ

2006/05/26(金) 12:55:14
26 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/05/17(水) 05:28:25 ID:MHHqAwqg0
たまたま寄った居酒屋で、中学時代の同級生が多数で同窓会開いてた

俺の顔を見た後、「あいつ呼んだっけ?」のセリフが今でも忘れられない
体験談TB:0CM:0

悲しい味

2006/05/26(金) 12:53:59
850 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/05/22(月) 22:12:57 ID:dRhNBpsr0
中学の頃、近くにファミマとミニストップがあったんだが、俺はファミマ派でいつも通っていた。
ホットチキンとポテトが好きでしょっちゅう買ってたから、顔も覚えられてよく話しかけられたが、俺は悪い気はしなかった。
「髪切ったの?」「受験どうだった?」「あそこ受かったんだー、がんばったねー」とか他愛もない会話ばかりだけどその会話が心地よかった。
しかし、俺が高2の時にファミマがつぶれることになった…。
最後の日俺は閉店間際にファミマに行った。
いつものファミマなのに商品はほとんど売り切れ、客もいなく寂しげな空間に変わっていた。
一通りまわったが、欲しい商品がなかったので何を買うか迷っていると、
レジの店員に「来ると思ってとっておいたよ」とホットチキンとポテト、コーラを出された。
「今までたくさん買ってくれてありがとね。これサービスだからさ」と渡された。
「前から売り上げが厳しくなっててね…。思いきって閉めることにしたんだよ。ごめんね」と言われ、店がなくなることを改めて実感する。
急に寂しくなって、「いえいえ、俺にとって忘れられないコンビニだったし、もうここに来れないと思うと寂しいですね」と言うと、
「ありがとね。○○くんが最後のお客さんになってくれてよかったよ」と言われてジーンときた。
「今までありがとうございました」と言って店を出た。
家に帰り、ホットチキンとポテトを食べる。
その味が悲しかった。
泣けるTB:0CM:0

親友よ、幸せあれ

2006/05/26(金) 12:52:48
855 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/05/22(月) 22:50:42 ID:dRhNBpsr0
 僕は小さい頃に両親に捨てられて、いろいろな所を転々として生きてきました。
小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」とかいろんな事言われました。
たまに同級生の子と遊んでいて「○○君の家に行こう!」
とかなっても、僕が遊びに行くとそこの家のお母さんが
「○○君と遊んではいけないっていったでしょ!」
とそこの家の子供を叱ってる声が聞こえ、僕を汚い物を見るような目で「○○は今日遊べないの・・」というようなことが日常茶飯時でした。
僕は弱い人間なので、そんな事が重なるうちに独りでいる事が
一番傷つかず、一番楽なのだと思いました。
けど、僕にも言いたい事は一杯あった。汚い服、同じ服着ていても僕は、僕は人の物盗ったり、傷つけたりはしてない。
両親はいないけど、僕にはどうする事もできないんだよ!
僕だっておとうさん、おかあさんが欲しいんだよ。
 僕はなるべく人と接しないように生きてきた。自分の精神、心を守る為にそうせざるを得なかった。独りで生きていく、
誰にも迷惑をかけずに・・・

 高校に進学した時だった。朝学校につくと僕の机に「死ね」「乞食」「貧乏神」「親無し」
等あらゆる悪口が書かれていた。
僕は目の前が暗くなった。僕が何かしたのか?僕がなにか・・・・
ただ立ち尽くすのみだった。
 その時僕の目の前から机が無くなった。クラスでも人気者のYが僕の机をかかえあげていた。
僕は机で殴られるのかと思い、目を閉じた。「いくぞ!」とYがぶっきらぼうにいい
廊下に出て行く。僕はあとに従った。Yは技術室に行き、
紙やすりで僕の机の落書きを消し始めた・・・・
Yはただ一言だけ「つまんない事に負けんなよ。」と言い。
黙々と紙やすりで落書きを消している。
「放課後もう一回ここでニス塗ろうぜ。そしたら元どおりだ。」
といってにっこり笑ったYを見て僕は泣いた。
Yは照れ笑いをしていた。

Yは6月に結婚する。おめでとう。君がいなかったら今の僕はいない。
恥ずかしくて面と向かっては言えないけど、幸せになって欲しい。
そしてこれからも親友でいて欲しい。今まで本当にありがとう。
泣けるTB:0CM:0

酔った女を介抱

2006/05/26(金) 12:47:49
791 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/05/22(月) 23:32:48 ID:4w+cLrbN0

ちょっと前の話だが、会社の飲み会の帰りに、
同期の女がべろんべろんに酔っ払っていたので
仕方なく送っていくことになった。
そしたら俺のアパート行きたいと言うので、仕方なく連れて帰った。
途中のコンビニで買ったビールを、俺の部屋で飲んでるうちに
彼女は横になって寝入ってしまった。
同期であんまり色気など感じたことなかったが、
寝顔をまじまじと見ると結構かわいい。
眉毛は書いているみたいで、ちょっと薄くなっていた。
暇だったので、筆ペンで眉毛を書き足してやったら、
突然、くわっと目を開き、
「あんた、そんな事する暇があるなら、襲ってきなさいよ!」
と、怒られた。
名作TB:0CM:1

一流と二流

2006/05/26(金) 12:46:29
957 名前:無名草子さん[] 投稿日:2006/05/23(火) 02:26:19
一流は一流の稽古をし、二流は二流の稽古しか出来ない。
よって二流は一流に勝つことは困難である
(中尾巌範士)

三流論ってのがあってネ、三流は間違って一流になっちゃうことがあるが、
二流はずっと実力通り
(立川談志)

人間の資質は一流は一流として、また二流は二流として生まれおちる時に既に決まっている。
二流がどんなに努力しても一流にはかなわない。
だから二流は二流として一生懸命に生きなさい
(小林淳作)

一流はアメリカに留学し、二流は日本に留学する
(中国人留学生)
その他TB:0CM:0

(・ω・ )

2006/05/26(金) 12:45:31
789 名前:('A`)[sage] 投稿日:2006/05/26(金) 02:15:41 0
        ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧
       ,(・ω・ )(・ω・ )(・ω・ )(・ω・ )ヽ∧∧
     ∧∧/ `―--`―----`―----`―- 、(・ω・ )
    (・ω・ )                    ヽ  `)
    (  /                       ∧∧
   ∧∧                       (・ω・ )
  (・ω・ )                       `、  )
   (  (                         ∧∧
   ∧∧                        (・ω・ )
  (・ω・ )                        )  ノ
   ヽ  (                        ∧∧
     ∧∧                      (・ω・ )
    (・ω・ )                      ノ  ノ
     \ ヽ                     ∧∧
       ∧∧                  (・ω・ )
      (・ω・ )                 ノ  /
       ヽ <。⌒/ヽ-、___        ∧,,∧ :
       /<。3/____/       :(;゙゚'ω゚'):
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         :/ つとl :
           _人人人人人_     :しー-J :
           >  憑 依  <
            ̄^Y^Y^^Y^Y^ ̄

AATB:0CM:0

地獄に落ちるわよ!

2006/05/26(金) 11:43:52
1 名前:蒼い狼φ ★[] 投稿日:2006/05/25(木) 14:36:09 ID:???0

 人気占い師の細木数子さん(68)が、フジテレビに対し抗議文を送っていたことが24日、明らかに
なった。

 5月1日放送のドラマ「トップキャスター」(月曜・後9時)で、
明らかに細木さんを連想させる占い師が“悪役”として登場したのに抗議したもの。

 フジテレビ広報部は「謝罪し、和解の方向で話が進んでいる」としている。
一部ではフジと細木さんが近く合同会見すると報じているが「会見の予定はない」としている。

(2006年05月25日06時07分 スポーツ報知)

ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060525-OHT1T00079.htm

この記事の続きを読む…
まるでダメTB:0CM:1
ホーム全記事一覧

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.