続・妄想的日常

おかえり。 
200 公共放送名無しさん sage 2017/04/29(土) 20:22:51 vvL0tt7E
今月の六日に愛猫を亡くした自分にはつらいシーン

239 公共放送名無しさん sage 2017/04/29(土) 20:24:36 z2faltZS
>>200
おまえみたいなやつに飼われて
そのぬこはきっと
しあわせだったよ

350 公共放送名無しさん sage 2017/04/29(土) 20:29:22 vvL0tt7E
>>239
たて読み?
なにはともあれありがとう
10年は短いぜ

391 公共放送名無しさん sage 2017/04/29(土) 20:30:56 z2faltZS
>>350
10年かあ、その子はしあわせだったと思うよー

446 公共放送名無しさん sage 2017/04/29(土) 20:32:32 vvL0tt7E
>>391
二十歳の誕生日の5日後に亡くなってしまったよ
去年から3ヶ月ほど同棲してて家離れてたし悔いばかりが残る
幸せだといいな

479 公共放送名無しさん sage 2017/04/29(土) 20:33:55 z2faltZS
>>446
その子はあんたが成人するまで見守りたかったんだよ
ありがたいねえ


スポンサーサイト
85 彼氏いない歴774年 2017/01/15(日) 20:00:39.25 ID:Orp6gqvV
逃げ恥のガッキーに影響されて好きな人に言われた台詞ザ・ベストテン作ったこと

86 彼氏いない歴774年 2017/01/15(日) 22:56:36.78 ID:XySv8Z1n
公開してよ

88 彼氏いない歴774年 sage 2017/01/16(月) 10:34:16.74 ID:THnS0k6r
>>86
早く帰りなよ
仕事そんなにたくさんあるの
何やってるの
俺はいいや
ごめんその日は予定がある
う、うん…いいんじゃない…
人の気持ち考えなよ
普通は嫌なんじゃない
困る
やめてくれ

90 彼氏いない歴774年 sage 2017/01/16(月) 20:31:11.92 ID:SttmQuec
>>88
一体なにをしたんだ、、

91 彼氏いない歴774年 2017/01/16(月) 22:40:00.87 ID:L4fQjwMw
>>88
なんかごめん


38 名前:彼氏いない歴774年@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/12/16(金) 23:58:36.57 ID:9Xy8I+/y.net
イオンで幼稚園児位の男の事、父親
大きなツリー見ながら

父親「今年はサンタさんに何お願いしたの?」
男児「ママ」
父親「え?」
男児「ママを返してください、ってお手紙書いた」
父親「…ママに会いたい?」
男児「頑張って、「よ」の字覚えた、難しかった」
父親「パパもママに会いたいなあ」

背中合わせのベンチで休憩してたけど、泣きそうになった



279 名前:彼氏いない歴774年@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/11/25(金) 22:07:51.71 ID:h5Rku3KI.net
白血病になったこと
ドラマとかで白血病になる人は家族友人恋人から心配されてた
だから愛されてる人がなる病気と思ってた
まさか親にも愛されず、友人もいない自分が罹患するとは思わなかった

280 名前:彼氏いない歴774年@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/11/25(金) 22:47:17.42 ID:I5uwB+Z1.net
>>279
そうだよ白血病は美しい妹の病気なんだから喪女がなったところで
奇跡的に完治しちゃうに決まってんじゃん



726 名無しの心子知らず sage 2016/10/10(月) 23:19:57.34 ID:gq/Vrwol
今朝、持病の貧血、腸炎、腺筋症に加え41℃の熱が出て起き上がれなかった
旦那は仕事、親は他界していて、娘のご飯どうしよう…と、困りながらもめまいと腹痛で動けず
でも年少の娘が階段を降りて、1階で何かしているな…と思い、心配になって必死に降りたら、
食パンにバターとジャムを塗ってお盆に乗せてた
私のカップに水で溶かそうとしたらしきコーヒーも
部屋の真ん中には洗濯機(ドラムなので乾燥済み)から出した服やタオルが、少しグチャグチャだけど畳んであった
私を見て「今ご飯持って行くから寝てなさ~い」と、ジャムが付いた顔で言われ泣けてしまった
甘い物苦手でジャムなんて20年近く口にしていなかったけど、すごくおいしかった


203 渡る世間は名無しばかり 2016/09/06(火) 21:36:01.77 8YuyaD5G
パチンカスで全く家事をしなかった死んだ母が一生に一度だけ作ってくれた
出来損ないのおいなりさん、もう一度食べてみたいなあ(´・ω・`)


379 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 18:53:27.71 ID:0eInnqBQ.net
母が急に電話で「父がいない」と泣きながら言うので事情が分からず慌てて実家に戻ったら
父に出迎えられた
いるじゃん、と思ってたら奥から母親が出てきて私に向かって「まぁどちら様?」と
目の前にいる私と父をそうと認識できなくなってた
どうしていいのか分からず
「この人(父)は身の回りのお世話を手伝ってくれる○○さんよ。
 私は娘さんの代わりに様子を見に来た××よ」と無理やり誤魔化した
それから何年も父は「誰?」「初めまして、お世話係の○○ですよ」
「まぁ、夫と同じ名前。そういえば○○さんはどこ?」「出掛ける用事があるみたいですよ」
という会話を毎朝し続けた。途中からは実家に戻った私もそのやりとりに加わった
基本母は穏やかで、平和に介護をしていられたけど、
毎日寂しそうに「夫と娘はどこかしら」と言うのでそれを誤魔化すのだけが辛かった
「あなたは私の娘によく似ているわ。あの子もこんな風に育つのかしら」と言われた日は
干からびるほど泣いた
私があなたの娘だよと言いそうになるのを口の中を噛んで堪えた
母の1周忌を終え、発覚した時は修羅場だったなぁと思ったので書き込み
母は明け方寝ている間に亡くなったが、その夜12時頃珍しく寝言を言っていて、
何を言ってるのか耳を寄せてみたら
「○○さん、××、○○さん、××…」
と私と父の名前を呼び続けていたのを思い出すと今でも泣けてくる
夢の中でくらい私と父に会えていたのなら良かったんだけどなぁ


グーグルの衛星写真が高解像度にアプデでエライことにw 俺の家、ベランダの洗濯物まで見えるわww

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1467187151/96

96 名前: ボマイェ(岩手県)[] 投稿日:2016/06/29(水) 21:21:20.77 ID:Hc1Yac++0
ストリートビュー更新しないでくれ
寝たきりになった婆さんが家の向かいの畑で農作業してるんだ



968 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/05/25(水)12:25:27 ID:1uc
小学校の頃、あまり遊んだことない子に「うちにおいでよ」と誘われた。
私はその時まだ転校してきたばかりで友達も少なく、嬉しくてすぐ返事して彼女の家を訪問した。

もう夕暮れ時だったけど、ご家族は不在のようだった。
玄関にはお父さんのらしいツッカケ、お母さんのらしいパンプスや、学生用の白いズックもあった。
廊下には小さなカラーボックスが置かれ、女性物のハンドバッグが数個入ってた。
子供部屋には中学生のお姉さんのらしい制服が鴨居に掛かってて、学習机は二つあった。
「6時過ぎに家族が帰ってくるまで留守番なんだ」と彼女は言ってた。

一緒にお菓子を食べて流行りのマンガを読んで、お礼を言って帰った。
帰って母に遊びに行ったことを伝えると、「まーじゃあ今度お礼言わないと」と言ってた。

その後母から、その子のお母さんとお姉さんはもう彼女が赤ん坊の頃に
事故で亡くなったらしいと聞かされた。
学校の用事で二人が出かけてそのまま事故で鬼籍に入り、その日預けられてた彼女と
お父さんだけが残ったらしい。

母にその事を教えてくれた人は、近所にあるファミリー向けのレストランで、
大人3人分の食事を頼んで、その料理をうなだれて見てる彼女のお父さんと、
何もわからずキャッキャ笑ってる幼児の彼女を、見たことがあるらしい。

家族の急逝が悲しく受け入れがたくて遺品を片づけられないと言えばそうなんだろうし、
残された子の世話で忙しくて手一杯だと言えば勿論そうなんだろうけど、今思い出しても、
何かあの家の家族4人の生活感には胸がざわざわする。

転校先になじむと友達も増えて、あれ以降は彼女の家に行ってない。



962 名前:彼氏いない歴774年@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/23(月) 19:23:37.18 ID:9pMv2/uH.net
誕生日なのに誰からも気付いても貰えなく一日が終わりそうで
あまりにも寂しいので、仕事の帰りにケーキと花でも買って一人で
お祝いすることにした。まずはケーキ屋で思い切って誕生日ケーキを
1ホール買うことに。お名前は?と聞かれ「みわこです」と言ったのに
出来たのは「みなこ」になってた。…まあいいや、と次に花屋へ。
思い切ってお気に入りの花を10本買おうと井浦新っぽい店員さんに頼んで
包装して貰った。ご贈答用ですか?と聞かれ、「あ、はい。今日誕生日なんです。
私。」と答えたら(「おめでとうございます」とか言ってくれるかな?ちょっと期待)
眉をひそめてなぜか小さく舌打ち。えっちょなぜとビビってたら「2780円!」
と速やかな会計。ささくれた気持ちで家につくも気を取り直してひとり誕生日会
を開く。ケーキに蝋燭をさそうとしてもあの細い蝋燭が見当たらない。5本ですね?
と確認したのに。入れ忘れたのかな、と諦めた。
しょうがないからいざという時のために買った仏壇用の白い蝋燭をさす。
火をつけてハッピーバースデー♪を歌いながら「みなこちゃんおめでとう」の
文字を見て一体誰を祝ってるのかわからなくなってきた。
先日の話です。ケーキはしょっぱかった。