fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2022年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ひいじいさんから聞いた話

2022/01/16(日) 08:00:00
263:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ : 2017/08/21(月) 01:32:25.49 ID: ID:baIhmS2O0.net
ひいじいさんから聞いた話

戦争中に爆弾で(多分空襲で?)ぶっとばされた時に他のぶっとばされた仲間たちが
「お前はまだ生きれるから残りをやる」「代わりに生きてくれ」
と言ってそれぞれが自分の顔を撫でていった
で気づいたら酷い擦り傷はあったもののそれ以外に深い傷もなくぼんやりと立っていた
自分は確かに皆と一緒に二階くらいの高さまでぶっとばされて
地面に叩きつけられて倒れてたはずだったのに周りを見たら皆死んでる
何人死んだかわからないくらいの形で死んでる
それからひいじいさんはぼんやり生きてきたらしいが何故か食うに困らず何故か嫁さんがもらえ
気づいたら子も孫も曾孫もいる大家族をもってたと
大きな病気もせず、大した不幸もなかった人生だけど、今考えると自分はあそこでもう死んでて、
これは夢なんじゃないかなと思うと
俺の人生終わったら皆消えちまうんじゃないかなぁ
と凄く力が入ってないふわふわした笑顔を浮かべていた

今年に入ってからひいじいさんが寝込むことが多くなったらしくて
なんかちょっと怖くなってきたから書き込んでみた




スポンサーサイト



不思議TB:0CM:4

岩本主任

2021/11/09(火) 08:36:44
8: エメラルドフロウジョン(大阪府) [US] [] 2021/11/08(月) 07:05:52 ID:XrHmbdQs0
元人間、現在幽霊の岩本主任って奴が普通に電話してくるんだが、
会社はやさしくしてやれと普通に夜1時ぐらいの電話に出てるらしい
夜勤やらんからしらんけど





不思議TB:0CM:6

クモ

2021/10/15(金) 08:00:00
52 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 20:55:49.79 ID:CUDIkzy40 [1/4]
怖い話というより不思議な話

我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。
ウチでは昔からクモを大事にする習慣があって、家には沢山のクモが住み着き、クモの巣だらけ。
殺すなんてもっての外で、大掃除の時もクモの巣を必要以上にとったりしちゃダメって言われてた。
兄貴も自分も、学校で掃除中に殺されそうになったクモを虫かごに入れて
お持ち帰りする程度には大切にしてた。
おかげで近所じゃ「クモ屋敷」って呼ばれてたけど、夏場にハエが発生することもなけりゃ
ゴキも出ないという有益さも持ち合わせてたので、家族の一員みたいな感じで生活してる。
たぶん軍曹もいるんじゃないかな、見たことないけど。

53 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 20:56:13.58 ID:CUDIkzy40 [2/4]
んで、高校の時に、同級生で授業中の居眠りがひどい奴がいたんだわ。
話を聞くに、どうも毎晩、悪夢を見るんだと。
夢の内容は残念ながらあんま覚えてないんだが、毎日同じ内容で、スゲー怖いとのこと。
それを見るのが嫌で嫌で、結局夜に寝られなくなり、日中居眠りって形で
睡眠を取るようになったらしい。
高校三年の夏にそりゃマズイだろ、ってことで仲間内で何とかならないか相談した。
そしたら兄貴が、留学先で買ってきた土産を持ってきて「コレ良いんじゃね?」って話に。
その土産ってのが、ドリームキャッチャーっていう、悪夢を見なくするお守りみたいな
インディアンの装飾品。
「このクモの巣みたいな網目が、悪夢をからめとってくれるんだとよ」と兄。
「クモの巣で悪夢を取れるなら、リアルクモならもっと良いんじゃね?」と自分。
丁度我が家はクモ屋敷。というわけで、翌日そいつの家には虫かごに入った我が家のクモ様1匹と
ドリームキャッチャーが。

54 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 20:56:38.87 ID:CUDIkzy40 [3/4]
クモ様が新居に入ったその翌日のこと、そいつは何故か学校を休んだ。
「え、まさかクモ様のせいとかじゃないよな……」と不安になって、兄貴と一緒に学校帰り、
そいつの家に行ってみたんだ。
何かあったらどうしようと不安で仕方なかったのに、なんとそいつは朝から夕方まで
ずーっと惰眠をむさぼっており、単に寝坊で学校を休んだだけだった。
親御さんもそいつの不眠を知ってたから、可哀想に思って起こさなかったらしい。
「なんか良くわからんけど悪夢は見なかった、クモ様まじスゲぇ!」とそいつは興奮気味。
「ほれみろクモ屋敷だの何だのバカにしやがって!クモ様の本気まじパネェ!超クール!」
輪をかけて興奮気味の我ら兄弟。
それじゃクモ様のご尊顔を拝見させていただきましょ、と虫かごをオープンした途端、
そいつの手が止まった。
「あれ…お前らからもらったとき、こいつこんなにデカかったっけ……?」
自分らが渡したクモは、指の爪くらいのサイズ。
でも、虫かごに入っていたのは明らかにデカイ。ジョロウグモとまではいかないけど、
渡したクモより2倍以上はデカかった。
「もしかして、悪い夢くってくれたんかなぁ」
そうしみじみと言ったそいつは、それからクモ様が死んでしまうまでメチャクチャ大切に飼ってた。
最後には虫かごが熱帯魚用のデカイ水槽にグレードアップしてて、冷暖房完備の部屋で
餌も十分にもらうクモ様は実に幸せそうだった。
今はもうそのクモ様は死んじゃったけど、未だにそいつから「クモを譲ってほしい」って
電話が定期的に来る。





不思議TB:0CM:12

ドンキーコング3

2021/07/20(火) 08:22:41
296 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2021/07/19(月) 18:45:27.96 ID:zOb1TgF30 [1/4]
怖いというかSFっぽい話。

小学1年生のころ、父親から小学校入学記念でスーパーファミコンとドンキーコング3を買ってもらった。
俺には一つ上の兄がいて、「ゲームは一日30分」というルールの下、兄と代わりばんこでゲームをしてた。
それぞれたった30分しかゲームができなかった俺ら兄弟はゲームに飢えており、
自分のゲーム時間はもちろん、相手のゲーム時間もかじりつくようにゲームを見てたし、
お互いのゲームが終われば飽きることなくずっとゲームの説明書を読んでいた。

ある日のことゲームをプレイする順番で兄と俺は喧嘩になった。
体格で劣る俺は、いつものように兄にボコボコに負かされた。

297 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2021/07/19(月) 18:51:32.77 ID:zOb1TgF30 [2/4]
>>296 続き

泣いている俺をよそに、飄々とゲームをセットしてプレイし始める兄に無性に腹が立った俺は、
兄が(そして俺が)大切にしていたドンキーコング3の説明書とソフトのパッケージを、
兄の前でボロボロに引き裂いた。
(スーパーファミコンのソフトの外箱は紙製だった。)
それを見た兄は怒り始め兄弟の喧嘩の第二ラウンド開始。
喧嘩は俺が泣いても終わらず、母親が止めに入るまで俺は兄に殴られ続けた。
その夜、この喧嘩についての家族会議がありゲームが諸悪の根源だということで、
ゲーム禁止令が出てゲーム機は父の車で保管されることが決められた。

299 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2021/07/19(月) 19:21:14.87 ID:zOb1TgF30 [3/4]
>>297 続き

不思議なのはこれから。
その次の日、学校が終わり家に帰るとスーファミはいつもどおりテレビの上に置いてあった。
父が持って行き忘れたのだと思い、しめた、と俺ら兄弟は母が買い物か何かで
外出した隙を見てゲームのセッティングを始めた。

けど、ヘンなのだ。ゲームの箱の中には確かに昨夜俺がバラバラに引き裂いたはずの、
スーパードンキーコング3の箱と説明書が綺麗な状態で入っていた。
気味が悪くなり、俺と兄はゲームどころではなくなり母の帰りを待った。
兄も「おかしい。おかしい」と何度も言う。

帰宅した母、それに父にこの話を聞いても、昨夜俺が説明書等を破いたことはおろか、
ゲーム禁止令を出した家族会議を開いたことすら覚えていないらしい。
「そんなに禁止にしてほしいのなら持って行くぞw」
と父は笑って俺らの話を真に受けてくれなかった。
仮に父と母が本当にそのことを忘れただけだとしても、
破ったはずのソフトのパッケージや説明書が元通りになっているのは説明がつかない。
俺と兄は二人で同じ夢でも見ていたのだろうか。

300 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2021/07/19(月) 19:24:54.27 ID:zOb1TgF30 [4/4]
>>299 続き

それから俺と兄はことあるごとにこの話を思い出し「あれは何だったんだろうね」と話し合った。
この話は兄の怪談話の十八番で、兄が友人たちに披露しているのを聞いたこともある。

また変なのがここからで、先日いつものように兄に「この話ってほんと何だったんだろうね」
と聞いたが、兄は「?」という感じでまったく身に覚えがないようだった。
何度説明しても「そんなことあったっけ?」の繰り返し。

俺自身この話を外部に話すのは親に「こんなことあったよね!」と聞くときか
兄に「あれなんだったんだろうね」と聞くときぐらいしかなかったため、
親や兄に『破ったゲームのパッケージが翌日には元通りになっていたことがあった』という
事件はもとより『それを不思議な話として話してきたこと』すら否定されてしまうと、
俺は別の世界線から来てしまったのか、というくらい意味がわからなくなって混乱する。

その昔は「世界のバグを見つけた」と兄とはしゃいで話していたものだが、
その兄もすでに向こう側に取り込まれ、「バグは俺の方じゃないか」という思いが日に日に強くなってきている。
他に証人がいるとするならば、兄の怪談を聞いていた当時の友人たちだ、
ということに書きながら気づいたけど、今じゃ疎遠だしわざわざ連絡して聞く内容のものでもない。

この話を思い出す度恐ろしく感じる。
国語力が足らなくてスマン。

書き込むことで、せめて「こういう話を俺が経験した」という記録を残したくて、
この場をお借りしました。






不思議TB:0CM:12

赤い瓶

2021/07/16(金) 09:53:04
178 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/07/05(月)14:46:22 ID:s0pE [1/2]
中学の時の話なんだけど赤い瓶って儀式が流行ってた。
当時流行ってたコックリさんと人気を二分する位の勢いだった。
くじ引きで当たった人の名前を鏡文字でその上更に真逆にして書いた赤い折紙を100均とかで買った赤い瓶に入れて
キツく蓋をした所に寺社の御札を張り付ける。
それを穴を掘って校庭に埋めるというもの。
最初に違和感を感じたのは中学卒業後数年経ってから。
飲み会でこの赤い瓶の話題で盛り上がった時に名前を書いたクラスメイトの名前をどうやっても思い出せない事に気付いた時。
次に俺の学年だけ異様に人数が少なかった事にも気付いて背筋が寒くなった。
3年生も2年生も3クラスあったのに俺らの学年だけ1クラス。
しかも男女合わせてたったの17人。
そしてこの17人は今でも全員顔を覚えているし何人かは今でも交流がある。
名前を書かれた奴の名前だけ綺麗に記憶から抜け落ちている。
何が怖いって同窓会の時にまたこの話題で盛り上がって校庭を掘り返した事があったんだよね。
酔った勢いでみんなノリノリだったけども掘り出した瓶を開けてみたら赤い紙に書かれているのは知らない奴の名前ばかり。
みんなすっかり酔いは覚めたよ。

179 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/07/05(月)14:52:08 ID:s0pE [2/2]
そもそもどうしてこんな儀式が流行ってたのか誰一人として説明出来る者が居なかったという事。
その場のノリと言うか「祟りじゃ祟りじゃ!」って感じに盛り上がって名前書いて埋めてただけ。
動機が抜け落ちてるってのが無性に気味が悪いんだよ。






不思議TB:0CM:16

不思議な人

2021/07/06(火) 08:27:24
689 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2021/07/05(月) 01:28:36.54 ID:sIAvcKo3 [1/3]
スマホからで改行おかしかったらスマソ
どこに書くか迷ってここに投下
長くなるし、不思議系要素苦手な方は読み飛ばしお願いします
身バレない程度にフェイク入れてます

・私30代独身女
・不思議な人(以下Aさん)40代既婚女性

去年の頭頃、私が仕事詰まっちゃって取引先へのメールを相手会社の終業までに送れないってミスをやった
先に電話で謝罪して、あらかたの話をして、文書にしておくために明日の朝までにはメールにまとめて送りますって約束して、
課長にも報告した
先方が明日の朝でいいって言ったならそれに間に合わせればいいけど、今後は優先順位をしっかり、って
深刻になりすぎないトーンでお叱り受けた

席に戻ったらAさんが「お手伝いできることありますか?」って聞いてくれた
定時過ぎてたけどマジで詰まってたからありがたく申し出を受けた

手伝ってもらったら思ったよりずっと早く目処がついて、旦那さんいるし先に帰ってもらおうと思ったら
「大丈夫ですよ、ところで彼氏さんとはいかがですか?」って聞かれた

私、その時、誰にも言ってなかったけどセフレみたいな感じの人がいた
飲み屋で知り合って酔った勢いで寝た、だらしない関係だった
手伝ってもらわなきゃいけないくらいには仕事忙しかったのもあって、したのは1回なんだけど、たまに誘いが来てた

何で知ってるのかわからなくてテンパったらパソコンの画面見たまま「お勧めできませんね」って
何で知ってるんですか、どこかで見たんですかって詰問口調で聞き返したら
「(私)さんがメール1本作成する時間も作れない人だとは思えません。何かあったとしたらプライベートです」って
でも、お勧めできないって断言するのは何でだろうと思った
相手のことなんて知らないはずなのにって
でも怖くてその時はそれ以上話さないで仕事した

690 名前:689[sage] 投稿日:2021/07/05(月) 01:29:43.41 ID:sIAvcKo3 [2/3]
取引先にメール送って、それ以外もちょっと手伝ってもらった帰り際、ロッカーで何の気無しにスマホ見たらセフレから
「今日どう?」ってLINEが来てた
Aさんのことが少し怖かったから1人の家に帰るのが嫌で行こうと思った
LINE返信しようとしたら、スマホの画面見えてないはずのAさんが手首掴んで「行かないと打ってください」って言った
私、パニクって「何なんですか!」って手を振り解いた
その拍子にスマホが手から抜けてロッカー室の壁にぶち当たってスマホの電源落ちた
バッテリーはあったはずなのに全然再起動もかからない

恐慌状態になって、Aさんに出てって、怖い、触らないでとか叫んだと思う
気が付いたら私はロッカー室に1人で座り込んでてスマホの電源は相変わらず入らなくて、
気を付けて帰ってくださいってメモを握ってた

何かわけわかんなかったけど、もう何も考えたくなくてぼーっと家に帰って、ぼーっとしたままシャワーも浴びずに寝た
朝起きたらスマホは普通っていうかスマホのアラームで起きた
カバーがちょっと傷付いてるのが、昨日のことの証拠みたいだった

それからしばらく、セフレのことを知られてるかもと思ったら誘うのも怖くてLINEも返さなかったし、セフレから連絡も来なかった
そのまま自然消滅でいいやと思ってた

実はそのセフレが、私とは別の女に会いに行って「あの日」に事故ったっていうのを、
自粛明けで久しぶりに行った飲み屋で聞かされた
本人も女性も無事な自損事故だけど、一緒に車乗ってたから奥さんにバレて離婚調停中で、
女性の方は慰謝料請求されて困ってるんだとか
セフレの知り合いが飲みに来て、面白半分に話して行ったんだと大将に言われた
口軽いと思ったけど、知れてよかった
妻子持ちだったってわかって連絡先消した

翌日、Aさんが休憩スペースでコーヒー飲みながら「多方面にご無事で何よりです」って唐突に言われて
やっぱりこの人怖い!?と思ってるのと、私にも慰謝料!?で修羅場
でも何となくなんだけど、Aさんが「ご無事で」って言ったから、無事なんだって変な確信がある






不思議TB:0CM:13

ちょっと後にして

2021/06/02(水) 08:37:15
784 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2021/06/01(火) 21:57:39.94 ID:y17vsCEe0
怖い話かと言えばそうでもないかなぁ、どちらかといえば母強し!と関心・感謝した話です。
なのでスレ違いだったら申し訳ない。

母は昔から現在に到るまでいわゆる視える人。
父は零感を自称するもそういった話を興味深く聞く人で、弟妹は否定派ではないだろうけど感じるかは知らん。
私は母ほどではないが多少見聞きする方で、だからか一緒に歩いてると「あ、今の見た?」なんてよく聞かれた。

これは私が小学生の頃の話。妹が産まれる前だったと思う。
その頃は毎年夏になると、海近くにある伯祖母の別荘に母方の親戚が集まって夏を満喫するというイベントがあり、
我が家からは母と私と弟の三人がお決まりの参加メンバーだった。
混雑回避の為に夜に出発するんだけど、だから夜遅い時間に起きてても怒られなくて、
その時もいつまでも起きていた事を覚えてる。
しばらくして話し相手である弟が寝てしまい、流れ行く景色を何とはなしに眺めていたんだけど、ふと話したい事が浮かんで
母に声を掛けた。
「ちょっと後にして」
普段母からはあまり聞かない、固いというか、どこか突き放す様な声色。
子供なりに違和感を覚えながらも、運転中に話し掛けたのがダメだったんだろうと結論付けてまた窓の外に視線を移し
黙っていると、少し経ってから
「ごめんね、さっきの話なに?」
と母の方から話し掛けてきた。さっきと違っていつも通りの声。
いや、ていうかさっきの何だったん?って聞いたら、
「あぁ、上から両腕掴まれててさ。ハンドル取られそうになってたんだよねぇ」
驚きの事実をあっけらかんと告げる母。
そんなん全く見えてなかったから本当にビックリした。
「子供乗せてんのにふざけんなよ!って必死だったんよ。ごめんね」
当時の私はそれに対して大変だったんだね、もう大丈夫なん?なんてのん気な返しをしてたなぁ。
大人になってこの件を思い出した時、あの時母が気張ってくれてなければ
どうなってたか分かんなかったんだよなって気付いた。
本人は覚えてるかどうかもしらんけど、私にとっては母親という存在の強さを改めて認識した出来事の一つ。






不思議TB:0CM:58

youtubeで心霊関係の動画についていたコメント

2021/05/11(火) 08:12:01
636 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/10(月) 18:39:40.49 ID:7vFhReRN
youtubeで心霊関係の動画についていたコメント

--------
妙に丁重に扱おうとするから霊も調子に乗るんやで
ワイの地元にも数百年前から存在する触ると祟られるって噂の呪いの灯篭が
ずっと残っててお祓いしてから撤去しようとしても必ず事故が起こったりして業者が死んだり
して行政すらビビってずっと残ってたんやけど数年前にファミマの配送トラックが
灯篭に突っ込んで呪う暇もなく粉々になって消え失せたわ
圧倒的物理攻撃で一気にぶっこわしてしまえばええんやで





不思議TB:0CM:19

うさぎさん

2021/05/09(日) 09:07:44
92 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 03:21:23 ID:ct3zc5yi0
今年6月で3歳になった娘の話。

子供にはよくある事なのだが、想像上の友達がいる。
よくでてくるのは、『パンダさん』、『たぬきさん』、『うさぎさん』。
「パンダさんはまだ赤ちゃんなの」とか、「おもちゃを散らかしたのはたぬきさん」など言う中で、
『うさぎさん』だけが何か引っかかるものがあった。
よくよく考えてみると『うさぎさん』の場合、他と比べて具体的な表現をするという事に気がついた。
「うさぎさんはおねえちゃんだから、上手にお箸がつかえるのよ」
「うさぎさんは今、ベランダでお花みてる」など。
ある時、娘が1人でピアノをおもちゃにして遊んでいた。
良くある事なので気にもしてなかったが、気がつくと、たどたどしいがちゃんとメロディーになっている。
ド・・レ・ミ、ド・レ・・・ミ
チューリップだった。
ピアノを習わせてる訳ではないし、俺も嫁も特に教えてはいない。
不思議に思って聞いてみると、「うさぎさんが教えてくれた」との事。
さすがにちょっと不気味になって娘に聞いてみた。
「うさぎさんってどんな子?」
「えっとねぇ、耳が長いの」(それは想像がつく)
「じゃあ、こんな子?」(絵本のデフォルメされたうさぎのイラストを見せる)
「ちがう」
「じゃあ・・・、これは?」(今度は本物のうさぎの写真)
「ちがう」
その後色々聞いてみるが、まだ語彙も少なくよくわからず。
娘本人もうまく伝わらないため、イライラし始めたのでその日はやめにした。
1つだけ判ったのは、白じゃなく黒うさぎだという事。

それから数日後の事、娘が興奮して走ってきた。
「これー!これー!」
1冊の雑誌を持って叫んでいる。
「何?」
聞いてみると雑誌の写真を指差し、
「これ、うさぎさん!」
「えっ・・・。これがうさぎさん?」
「そう」と娘は満足げ。
その写真は、にっこり微笑むバニーガールのおねえさんだった。

この話を友人にしたら、一瞬固まった後、失笑された・・・。
でも、当事者の俺としてはけっこう気持ち悪い。





不思議TB:0CM:22

犬の声がうるさい

2021/05/01(土) 08:25:16
309 :名無しさん@おーぷん :2016/01/07(木)09:37:14 ID:???
2年前の朝早く、新聞受けに手紙があったのよ。
内容は、
『自分は自治会長をやってる。
 お宅の犬の声がうるさい。
 糞の始末がされてない。
 執筆活動の邪魔だ。
 ここから出ていけ、さも無くば家族がどうなったもしらんからな。』
と手紙が入ってたのよ。
ついでにうちを盗撮した写真も添えられてて。
まぁ確かにうちに犬はいたんだよ。
けどこの手紙が来る大分前に犬は死んでて、当時犬はいなかったんよね。


310 :名無しさん@おーぷん :2016/01/07(木)09:37:26 ID:???
とりあえず近くの交番に相談して、送り付けてきた家に菓子折り持って凸したわけよ。
出てきたのは70過ぎの爺ちゃん。。。
もともと学校の先生してたみたいで背筋が伸びてて、70過ぎには見えなかったけどね。
話をしてる感じじゃ、手紙に書かれてるような過激なことをするような人じゃなくて穏やかな人だった。
その人言うには、明け方になるとうちの方から小型犬の鳴き声がする。
自分は夜中に執筆して明け方に寝るから寝れないと言うのよね。
けどうちにはいま犬はいないのよ。
そのことを伝えると、いやいや姿を見てるからと言うわけよ。
けどうちにはいないと。
堂々巡りになってしまったから、仕方ないから家を見てもらったのよ。
爺ちゃん目を皿にして探すんだけど出て来ないのよ。
そりゃいるわけないんだし当たり前なんだが。。。
まぁ見つからなかったから、爺ちゃん諦めて謝罪して帰ったのよ。
こっちも大事にしたくないし被害届出さなかったのよ。


311 :名無しさん@おーぷん :2016/01/07(木)09:42:06 ID:???
2、3日したから今度は爺ちゃんから凸してきたのよ。
爺ちゃん曰く、やっぱり居るじゃないかと言うのよね。
今度は証拠があるって言ってビデオを見せてきたのよ。
そこにはリビングから庭に出るデカイ窓が映ってたたんだよ。
深夜から明け方にかけて撮ってたみたいで、だんだん明るくなっていったのよ。
最初は何もいなかったんだけど、明け方になると何処からともなく小さな犬が入ってきたのよ。
んでカメラに向かって鳴き始めた。
あー、野良犬が入って鳴いてたのかとわかったんだけど、疑問が出てくるんだよ。
俺含めて家族全員早起きだし気付かないはずないんだよね。
しかも住宅街だから、そんな鳴いてたらいくら寝てても気付くと思うんだよ。
そしてその犬見てると違和感があったんだよね。
んでよーく見てると、その違和感の正体がわかった。
体全体は犬なんだよ。けど前足後ろ足が逆を向いていた。
踵が前を向いてるって言えばわかってもらえるかな。
人間、本当に怖いものを見たらギャーとわぁーとか悲鳴でないもので、ヒぃって声しか出なかったよ。
爺ちゃんも気付いたみたいで顔面蒼白で震えてるのよ。
お互いに見合わせて、見なかったことにしようとビデオテープを燃やしたのよ。
俺としては引っ越したかったけど、実家であるからそうもいかず我慢して住んでた。

去年の年末、爺ちゃんが亡くなったと聞いた。
なんでも病院のベッドでずっと「犬がいる」ってうわ言を呟いてたと風の噂で聞いた。





不思議TB:0CM:31
ホーム全記事一覧次のページ >>

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.