fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


普通小さい子供の方が体力無尽蔵じゃないか

2023/09/22(金) 08:00:00
502 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/11(月) 00:11:50.92 /YA8jFjW
普通小さい子供の方が体力無尽蔵じゃないか

530 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/11(月) 00:12:14.12 Kq/tf8m9
>>502
いきなり電池が切れるのだ

547 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/11(月) 00:12:38.73 PpPmVarY
>>530
家に帰る為の予備電池まで使い切るから

562 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/11(月) 00:13:04.85 PBBc0CNv
>>502
体力を使い切るとスイッチを切ったように寝てしまうのが幼児かと




関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:11
<< オウムホーム全記事一覧パワーカップル >>

コメント

遊びに行った帰りの電車の中で電池が切れてしまった子供は非常に重くなるのはなぜか?
#-|2023/09/22(金) 08:19 [ 編集 ]

※1
楽しかった思い出を抱えてるからさ
#-|2023/09/22(金) 08:31 [ 編集 ]

※2
思い出は重いでー
#-|2023/09/22(金) 08:59 [ 編集 ]

※1
正直なところ、コテッと寝た時に目に見えないバッテリーが接続されてます(´・ω・`)
で、家について目が覚めたらまたフル充電でパワー全開!!
夜は寝て!
#-|2023/09/22(金) 09:59 [ 編集 ]

持久力が発展途上で電池切れは早くても充電速度も早い。
#-|2023/09/22(金) 10:06 [ 編集 ]

その後の保護者の苦労なんか知らんとばかりに無計画に体力使い果たすからな。
後先考えなきゃいけない大人になると出来ない芸当なんよ。
#-|2023/09/22(金) 13:18 [ 編集 ]

何の予備動作もなく全力ダッシュしたりするからね子供は
もしボクシングが一発でも先にパンチを当てた方か勝ちというルールなら
プロボクサーでも子供には勝てないという話を読んだことがある
#-|2023/09/22(金) 14:06 [ 編集 ]

米1
子供に限らず、完全に脱力した人体はそうでないのに比べて重く感じられる
担がれる側に意識がある場合は、担ぐ側がやりやすいように配慮したり
無意識にバランスを取ったりするせいだと言われている
#-|2023/09/22(金) 15:33 [ 編集 ]

筋肉から力が抜けて、つかんだり支えたりしにくくなるから、もちあげにくくなるんよね。
#-|2023/09/22(金) 17:03 [ 編集 ]

よつばと!にでてた。
#-|2023/09/22(金) 21:06 [ 編集 ]

楽しくて疲れた事に気づかないまま限界まで遊び続けんねやろな
#-|2023/09/24(日) 14:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/43975-9dc5de87



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.