FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


1通の封書

2019/03/23(土) 12:00:00
884 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2019/03/22(金) 17:24:20.86 ID:NJvt2Jfa [1/2]
今現在の修羅場
いくつかフェイクが入っているので辻褄が合わない部分は許してほしい

自分は宮廷卒の所謂高学歴だったがとある国家試験に失敗してずっとニートだった
親にも迷惑かけてばかりで申し訳なく思っていたが
ひょんなことから古本屋の一人娘と仲良くなり結婚の話まで出た
しかもその古本屋は税金対策の金持ちの道楽で、不動産をいっぱいもっていたから
婚約者は地味な女だったが逆玉のこれ以上ない話だった
親も泣いて喜んでくれた

しかし結婚式を目前に話が流れてしまった
ある日婚約者を連れ自宅に戻ると、親が1通の封書を持っていた
かつての同級生の会社に嫌がらせをしていたのがばれてしまっていた

その嫌がらせの内容は実に地味なものでとある口コミサイトに星一つの低評価を
つけ続けるといったものだった
同級生は自分とかつては学年1、2位を争うといった秀才で
そのことを高校生の自分は母に話していた
だから、その同級生が地元に帰ってきて会社を立ち上げたとき
地方コミュニティ紙の小さな記事を見た母が言った
「M君は偉いねえ。昔はお前と1位を争った仲なのにね」

885 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2019/03/22(金) 17:25:37.66 ID:NJvt2Jfa [2/2]
今考えればくだらない嫉妬だった
Mは自分の出た大学には入れず、別の私立に行っていたのに
いてもたってもいられなくなり、自分はMの会社に星1の低評価をつけた
調べたところ口コミを書くと名誉毀損の恐れもあるから、文章はあえて書かなかった
できたばっかりの会社だったから、ほかに誰も口コミがなく
平均1の低評価の会社となった

ちょっとした意地悪で溜飲をさげていたのだが、それから3ヵ月後
Mの会社に5をつけた奴が現れ、評価が3になってしまった

それからの俺は止まらなかった
捕まって母に迷惑はかけられなかったから、いもしない友人の家にとまることとして
いくつかの遠くのネカフェに遠征してまで捨てアドを作り書き込みを始めた
一気に星1が増えると怪しまれるだろうから、1ヶ月に最大でも1回と決め
平均評価を下げる地道な作業が始まった
あとで知ったのだがMの会社は特定の顧客がおりネットで集客をしてはおらず
嫌がらせされているのは知っていたが、最初は気にも留めてなかったらしい
しかし、自分とはほかのMに恨みを持った奴が脅迫文を送りつけたらしく
グーグルマップの嫌がらせと同一人物ではないか調べ始めたそうだ

名誉毀損にはならなくても、営業妨害にあたるらしい
封書の内容を知った婚約者は静かに去っていった
あまりのことに呆然としているうちに、母がMと示談をし断りもなく金を払っていた

Mに問いたい
人一人の人間を絶望の淵に追いやってお前は満足かと
お前は全てを持っている。金も、美人の妻も、地位も
なぜ、便所の書き込みにまで制裁をするのかと
人の心はないのかと





関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:26
<< とある野球チームのファンってのがきっかけで付き合い始めた元カノの話 ホーム全記事一覧プーチン大統領の言葉 >>

コメント

火の粉を払っただけ
#-|2019/03/23(土) 02:28 [ 編集 ]

カテゴリー間違っとる、まるでダメだろこれ
#-|2019/03/23(土) 02:28 [ 編集 ]

こういう話大好き。人間みんな、一皮むけばキチガイだよ。
#-|2019/03/23(土) 02:58 [ 編集 ]

これは素晴らしいクズ。
#-|2019/03/23(土) 12:38 [ 編集 ]

インガオホー
#-|2019/03/23(土) 12:53 [ 編集 ]

人を呪わば穴二つ
#-|2019/03/23(土) 13:41 [ 編集 ]

身から出た鯖
#-|2019/03/23(土) 14:26 [ 編集 ]

☆1が一番いい評価と信じて疑わず、つけて回ってた事のあるワイ震える
#-|2019/03/23(土) 14:32 [ 編集 ]

胸糞文学っぽくて、いいね!
#-|2019/03/23(土) 15:12 [ 編集 ]

※8
そういうのはレビューの内容見ればなんとなくわかる
星1つで1いいね的なものだと思ってるっぽい人もたまに見るな
#-|2019/03/23(土) 15:27 [ 編集 ]

下着を盗んだのは自分だけど、下着泥棒の疑惑をかけられたのは許せない、という伝説のコピペの投稿者かこいつは?
#-|2019/03/23(土) 16:10 [ 編集 ]

頭が良くプライドが高い馬鹿なのね
思い描いたルートから外れると「こんなはずじゃなかった」「本当はもっと出来る」
って軌道修正が効かない。せめて人に嫉妬を向けさえしなきゃ良いのになあ
#-|2019/03/23(土) 17:26 [ 編集 ]

最後の5行。
そら相手逃げるわ。
#-|2019/03/23(土) 17:30 [ 編集 ]

過去の自分はなぜあんな馬鹿なことをしたのか
みたいな締めくくりかと思ったのに
#-|2019/03/23(土) 18:59 [ 編集 ]

自業自得としか言いようがなさすぎて笑えもしない…
だからこその結果なのに自分の愚かさを悔い改めようともしない…まるでダメでも上位のダメさ…
#-|2019/03/23(土) 19:14 [ 編集 ]

この※欄も面白いなあ。みんな他人事だと思ってる。
この書き手のクズが「自分は悪くない」と心から信じてるのを見て、
自分ももしかしたら自覚のないクズなんじゃないかと思いつかないのかね。
#-|2019/03/23(土) 19:19 [ 編集 ]

ジヒハナイ
#-|2019/03/23(土) 19:30 [ 編集 ]

まるでダメ、の間違いだろと思ったら
すでに言われていた
#-|2019/03/23(土) 20:44 [ 編集 ]

※16
あー、なるほどー
お前クズだもんなー
#-|2019/03/24(日) 01:31 [ 編集 ]


俺のクズさをいくら指摘しても、お前のクズさ愚かさは変わらん。
#-|2019/03/24(日) 01:43 [ 編集 ]

欠点・短所に自覚が無い可能性は誰しもある前提でも
本文にある様な常軌を逸した愚行まで普通はいかないから屑呼ばわりな訳で

誰にでも当てはまる様な大雑把な指摘を極論まで飛躍させてるだけで
得意気に何かを言っている様で実際は中身空っぽの主張
#-|2019/03/24(日) 07:15 [ 編集 ]

結論ありきのタイプか。
勉強しかできない子だったんだな。
#-|2019/03/24(日) 11:20 [ 編集 ]

文章が旧帝大出た人間とは思えないくらい下手くそだな……。ここがフェイクなのか。
#-|2019/03/24(日) 19:12 [ 編集 ]

「こいつ文章下手だな」の8割は「私は読解力がありません」と言い換えたほうが適切な件。
#-|2019/03/24(日) 19:42 [ 編集 ]

ちょっと待て、
ただ単に☆つけただけで住所が割れ特定されるなんて、ずいぶんなセキュリティ問題だぞ。
個人名でアカウント登録してるとか同じアカウントでSNSに色々アップしてるとかのマヌケじゃあなければ、ありえん。
#-|2019/03/26(火) 02:19 [ 編集 ]

脅迫文なんて送りつける他のバカがいて、そいつのせいで警察沙汰になって定期的に星1つけてるやつ怪しい、で警察経由で情報開示請求、身バレかつ脅迫の疑いがかかったわけ。
警察絡んだらセキュリティ上ガバガバになるのは仕方あるまい。
#-|2019/03/26(火) 09:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/32484-003fdfa4

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.