FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


踊る男

2018/07/31(火) 06:17:18
30 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2018/07/30(月) 17:09:13.22 ID:6V1gElux.net
夜11時頃、仕事終わりで自宅マンションの裏口から入ってスマホ片手に
もうこんな時間か~、なんて思いながら廊下を歩いてた
裏口から廊下を少し進んだところに正面入口A、そこから少し進んだところに正面入口B、
また少し進んだ廊下の突き当たりを右に曲がると私の家がある

その人は廊下の突き当たり付近を歩いていて右に曲がろうとしてたんだけど、
なぜか曲がるのをやめて引き返し始めた
黒いパーカーっぽい長袖、黒いハーフパンツに
黒いキャップをかぶった小さいおっさんっぽく見えたんだけど、
仕事中以外はメガネを外しているのではっきり分からなかった
私は裏口と入口Aの間、おっさんは突き当たりと入口Bの間辺りにいた

するとおっさん、突然身体を左右に揺らして、片足を大袈裟にあげながら、
ええじゃないか踊ってるみたいに、説明が難しいんだけどとにかくリズミカル、
様子がおかしい感じでこっちに向かってきた
曲がろうとしてたのに引き返すし、酔っ払いにしては動きにキレありすぎだし、
明らかに私に気づいて踊り始めたものだから私大パニック
ただでさえ自他共に認めるビビりなのに、不審者なのか、
知的障害を持った方(昔ドアノブがちゃがちゃされたり、チャイム何度も鳴らされたりしたことがあった)
なのか判断もできず、とにかく怖くてどうしたらいいか分からなくなった

おっさんどんどん近づいてくる
パニックの私は何を思ったのか裏口に戻ればいいのに、そのまま歩いてスマホ画面凝視しながら
スルーすることに決めた
とにかく相手を見ないように、スマホの画面だけ見つめて平静を装って歩いた
何もされませんようにって心臓ばくばくさせながらしばらく歩いてたら、
突然二の腕あたりをガシッと掴まれた
あ、私終わったって思った

「も~~気づいてよ!せっかく踊ったのに虚しいじゃん~~」

踊りながら近づいてきた怪しい小さなおっさんは、寝癖隠しにキャップかぶって、
仕事着のキュロットはいたおかんだった
パニックになるわ、初めておかんにキレるわ、おっさんに見えたおかんの容姿もある意味怖かった


関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:5
<< イジメはぜっっっっったいに許さない!ホーム全記事一覧食い意地はってるわが子 >>

コメント

ほかの部屋の住人に通報されなかったのは幸運だったね
#-|2018/08/01(水) 08:28 [ 編集 ]

勝手にTRFが脳内に流れ出す
#-|2018/08/01(水) 12:31 [ 編集 ]

俺はmcATが流れ出したわ
#-|2018/08/01(水) 12:43 [ 編集 ]

無駄な描写が多くて読みにくい
#-|2018/08/01(水) 19:11 [ 編集 ]

ほんとにな。入口AとBとかなんの必要があるんだよ
#-|2018/08/01(水) 22:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/30856-5a644007

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.