FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


円周率

2009/11/18(水) 19:55:57
322 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/11/17(火) 23:48:59 ID:amRHy/ij
昨日、小学生の従兄弟に会ったときのことなんだけど。

勉強とは無縁のヤンチャな子なのに、
何か知らんが円周率を30桁まで覚えて発表会で披露するらしい。

だが、10桁くらいまでは覚えたのにその後が続かない。
「どうせ10桁以降は誰も知らないだろう。
 テキトーにやっても誰も気付かないんじゃないか。」
と思いついた従兄弟。
ところが上手くいかない。
「56783344・・・」という風に、
テキトーに言ってるつもりでも数字が揃ってしまうからだそうな。

というわけで、頭を絞った従兄弟が作戦を教えてくれた。

「アドリブだとぞろ目になってバレるでしょ。
 だから、なるべくバラバラになるように数字を書いて、
 それを今覚えてるんだ。
 これで完璧(キリッ」


それなら普通に覚えろアホと教えてやるべきでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:8
<< お願い!!ホーム全記事一覧六本木 >>

コメント

これは「まるでダメ」だろwww
#-|2009/11/18(水) 20:32 [ 編集 ]

中学の時円周率を覚えるのが流行って
ピークのころは100桁ちょいまでスラスラ言えたなぁ。
30桁ぐらいなら音読してりゃ楽に覚えられるんじゃないかな。
#-|2009/11/18(水) 20:54 [ 編集 ]

ちなみに円周率の中には
7777777777 や
1234567890 などという
数列も存在することが確認されている
円周率πの中にはあらゆる数列の可能性が存在するのではないかという考えもある.
#-|2009/11/18(水) 21:13 [ 編集 ]

50桁くらいまでは語呂合わせがあるから覚えること自体は楽だな。
そのうち語呂関係なく数字で覚えてしまうもんだが。
#-|2009/11/18(水) 21:26 [ 編集 ]

わざわざそんなもんにまで語呂合わせがあんのか
試験でも出ないだろうに・・・
#-|2009/11/18(水) 22:08 [ 編集 ]

45桁しか覚えてないや
年取ったら続きを覚えようとしても
なぜか無理
#-|2009/11/18(水) 22:09 [ 編集 ]

KOKIAのClap your hand!だっけ?歌詞の途中で円周率が出てきて一緒に覚えたなあ。

4つづつ区切って覚えるとリズムがとれて楽だよ。
3.14 1592 6535 8979 3238...
#-|2009/11/19(木) 03:05 [ 編集 ]

3.141592653589793238462643383279
産医師異国に向こう産後厄無く産婦御社に虫さんざん闇に鳴く
さんいしいこくにむこうさんごやくなくさんぷみやしろにむしさんざんやみになく

小数点以下30桁までの語呂合わせ。
#-|2009/11/19(木) 07:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/10005-e1712580

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.